蔵主の日々を徒然にお届けしております

日本酒をユネスコの世界無形文化遺産にしましょう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

G7
伊勢志摩サミット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
G7伊勢志摩サミット安倍総理大臣夫人主催夕食会
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000160212.pdf へのリンク

世界のファーストレディーの夕食会で弊社、

純米大吟醸酒 花薫光 無濾過・生々

をお使い頂きました。造り手として、大変光栄です。
更に、孤高の日本酒をめざして研鑽して参ります。


http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000160212.pdf へのリンク


*******************************************

*原料米は地元笠間産新米1等米以上、収穫後5か月以内の米です。
*麹に代わる酵素剤は一切使用しておりません。

伏流水、米、米麹のみ、本来の日本酒の素材のみ
で伝統的日本酒を醸しています。
その品質は国内外で高い評価を頂いております。


********************************************

純米大吟醸酒 郷乃譽 活性にごりスパークリング 無濾過・生々
純米大吟醸酒 雪の舞 活性にごり スパークリング無濾過・生々
純米大吟醸酒 郷乃譽 あらばしり 無濾過・生々

純米大吟醸酒 霞 山 あらばしり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃 あらはしり 無濾過・生々


発売中です。


2017年(壬寅)弥生3月営業日
2017年 3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 



色の日がお休みです。


2017年3月26日(日)

田崎真也さん

久し振りに、と言うよりも、何十年ぶりにお会いしました。
日本ソムリエ協会でも日本酒を取り上げて頂くと言う

ことになり、全国の各支部を巡回し、日本酒の応援と
Diplomaの検定を行うそうです。

日本酒の本質的な姿をみなさまに届けて頂ければ、
大変有り難い限りです。





2017年3月25日(土)

某・コンサル

とある著名な方からご縁を頂き、掲題企業の方にお会いできました。
TVにも出ていた方なので、ご存知の方も多いかも知れませんが、

大変勉強になりました。兎も角、何事にも詳しく、仕事柄そうなのかも
知れませんが、それにしても様々なことをよくご存じで、

大変貴重な時間で、時間が短く感じられました。ハーバードMBA、
ベースカラーの御一人。因みに、日本人の取得者は5名のそうです。

感謝。





2017年2月8日()

内閣府クールジャパン拠点連携実施プロジェクト
【長野から世界へ:海外日本酒マーケティングシンポジュウム】

長野市で開催されたシンポジュウムに参加してきました。



新たな日本の戦略として非常に重要な位置付けとなる
シンポジュウムでした。

みなさま、ありがとうございました。





2017年2月6日(月)

内閣府のみなさま



内閣府のみなさま、海外のお酒、フードの専門家のみなさまが
お見えになりました。

様々な専門分野からの質問が大変楽しいひと時でした。
お昼を食べに行くのは時間的に、もったいないと、熱心な熱い

熱いひと時でした。
内閣府のみなさま、みなさまありがとうございました。





2017年正月12日(木)

南極昭和基地に到着

と言っても、私が到着したのではなく、商品です。
過日、連絡があり、無事、商品が到着したそうです。

完全な生酒、スパークリング等々でしたので、心配して
いましたが、先ずは、何よりでした。



昭和基地のみなさまに、思いっきり、日本の食文化の真骨頂を
楽しんで頂ければ幸いです。




みなさま、ありがとうございました。





2017年正月1日(日)

明けまして、おめでとうございます


平成29年初春。

昨年は大変お世話になりまして、ありがとうございました。
様々なみなさまと沢山の新しいご縁も頂きました。

G7伊勢志摩サミットでご下命頂き、様々なお声を賜りました。
これも偏に、みなさまのお力添え、ご支援の賜物と

厚くこころより御礼申し上げます。
今年は酉年大空を舞う、オオタカの様に、更なる飛躍の

年にしたいと考えております。本年も何卒、よろしくお願い
申し上げます。蔵の方にも、是非、お気軽に

お越し頂ければ幸いです。みなさまの益々のご多幸、
ご繁栄を祈念申し上げます。


純米大吟醸酒 花薫光 無濾過・生々
日本で初めて、高精白に特化したお酒です。かのワイン鑑定家ロバート・
パーカー氏から91点を頂く。当時は高精白と言う考えがあまりなく、精白が
高くても40%、35%が殆ど、原料米も中々手に入らない時代、鑑評会用の山田錦
と言う、ちょっと斜に構えた見方の時代でした。精白も精々35%もすれば、すばらしい
と言う時代。35%も35%も27%も変わらないと言う根拠のない話しが闊歩して
いました。精米歩合の表示義務ができた時も27%と言う表示に懐疑的でした。
精米歩合の競争をしている訳ではありませんが、弊社が高精白に特化して以降、
その本質的理由を見失った高精白競争の話しが多くなってしまいました。ある意味で、
高精白競争の切っ掛けにもなった商品でもあり、複雑な心境ですが、高精白化の
競争によって、結果的に高品質なお酒を目指すことになったことは一寸安堵する
ところでもあります。他方ではやはり、意味のない高精白至上主義が流布されている
ことは心配な点でもあります。ご存知のように外硬内軟が必要である為、精白を
上げるにはある程度の硬さが必要、でも、硬過ぎると、精白は上げられても
品質が低下してしまう。軟らか過ぎても、同様。その線引きで品質が決まる。仮に、
一桁台まで精白を上げる為には、相当硬くないとガリガリに削れない。また、
そこまで削れる様な米であれば品質を求めることはできない。精米歩合が高い方が
良いと思われがちですが、ある精米歩合よりも精米歩合が高くなると、パラドックスな
構図が生まれてきます。商品を選ぶ時に、どれ位の精米歩合で選ぶかと言う事も
大切な要素になって来ます。低い精米歩合はどこまでご自分で許容でき、高い
精米歩合はどこまで許容できるかと言ううれしい迷いの線引きです。今年は是非、
その辺りの線引きを楽しんで頂くのも、一興かと思います。壷中の天をお楽しみ
頂ければ幸いです。





2016年12月15日(木)

国会議員の先生方に日本酒の進講


大変、光栄な貴重な機会を頂きました。前夜の国会でも
TVに出ていた先生方に日本酒のお話しを

させて頂く、貴重な機会を頂きました。前夜、遅い国会にも
拘わらず、お聞き頂き、大変恐縮しております。

御礼申し上げます。
感謝。





2016年11月26日(土)

G7 伊勢志摩サミット ロゴマーク



今年開催されました G7 伊勢志摩サミットのロゴマーク
使用の許可を頂きました。

大変有り難く、名誉なことです。ロゴ・マークに相応しい
商品造りに、より一層専念して参ります。

店頭でお見かけするかと思いますが、どうぞ
よろしくお願い致します。

みなさまに感謝申し上げます。




2016年11月25日(金)

須藤本家「郷乃譽」と[和華」とのコラボで
中華料理を楽しむ会

新橋の北京ダック 楽楽屋新橋店で上記会が開催されました。
杉原さん、孫さん、みなさま、ありがとうございました。

満員御礼、たくさんのみなさまにお越し頂きまして、
ありがとうございました。

飲むほどに、マリアージュではなくなってしまいましたが、
それはそれ、多いに盛り上がり、楽しませて

頂きました。新橋店のみなさま、大変お世話になりました。
御礼申し上げます。





2016年10月19日(火)

ほととぎす



いつの間にか満開 !!





2016年10月17日(月)

銀座 ・・・・・

 

本当に隠れ家。美味しく頂きました。
みなさま、お世話になりました。



因みに、弊社商品では

生酛純米大吟醸酒 郷乃譽2012Vintage 無濾過・生々

を楽しんで頂きました。
感謝。





2016年10月8日(土)

NHK文化センター水戸教室、青山教室日本酒講座

地元、NHK文化センター水戸教室の日本酒講座を担当させて
頂いて、もう、60回を超える講座になりました。

日本酒はたくさんの本も出ていますが、知られていない
事もたくさんあり、まだ、同じ内容を重複して話した

ことがありません。名立たるお酒も試飲して
頂きながら、今年から、全国の地酒巡りを北海道から

始まり、北海道(男山、國稀)、青森(豊盃)、岩手(南部美人)、
秋田(刈穂、天の戸)、山形(出羽桜)をみなさんに

楽しんで頂いています。これまでも武重本家、
黒龍、浦霞、万寿泉、人気一、尾瀬の雪どけ等々を

始めとして、様々な、銘醸蔵楽しんで頂いていますが、今年からは
都道府県別順に北海道から南下して、全国の

地酒を楽しんで頂いています。各蔵の社長さんから快くお引き受け頂き、
いつもフラッグ・シップの商品を提供頂いています(勿論、有償で

分けて頂いています)。商品が無い場合も多いのに、多大な協力を
頂いています。各蔵さんには厚く御礼申し上げます。勿論、これまでに

茨城県のお酒も既に、楽しんで頂きました。渡船、白菊、大観、
弊社等です。全国酒蔵ツアーを居ながらにして、

行っています。今期、来期でどれ位の酒巡りができるか、楽しみです。
ご参加のみなさん、いつも、ありがとうございます、

各蔵のみなさん、ありがとうございます。引き続き、
どうぞよろしくお願い致します。


10月より東京、青山教室でも日本酒講座を担当させて頂く事に
なりました。ご興味のある方は是非、ご参加頂ければ

幸いです。酒蔵でしかお伝えできない日本酒講座です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

※青山教室
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1103550.html へのリンク


※水戸教室
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_556185.html へのリンク





2016年10月1日(土)

全国一斉乾杯
ー 茨城県 -

内閣府国家戦略室の國酒プロジェクトを起点に、
ビジット・ジャパン、クール・ジャパン、乾杯条例、乾杯条例全国サミット、

酒蔵ツーリズム、全国一斉乾杯へと、様々なみなさまの
ご尽力によって進んで来ました。

昨年より全国一斉乾杯がスタートし、今年で二回目となりました。
今年の茨城県の一斉乾杯は参加要件があり、

茨城県の秋の鑑評会に出品していない蔵の酒は茨城では乾杯用に
使って頂けないそうで、今回は茨城県鑑評会に出品した20蔵のみお酒で

乾杯を行うと言う、大変残念な乾杯になってしまいました。県の鑑評会に
出品していない蔵は、後日、連絡があり、乾杯への参加は認められたものの、

一般のお客様と同様に会場に来ても構わないと言う内容でした。
県内全蔵が参加した一斉乾杯にしましょうと提案したものの、

一般のお客様同様の参加は認めたまでで、商品が提供できないと言う、
惨憺たる結果が非常に残念でした。

やはり昨年同様、県内全蔵が一丸となって、お客様に喜んで頂ける
乾杯にしましょう。

従前からの先約で、当日はどうしても伺えず、社員が伺いましたが、
何もすることがなく、終わってしまったようです。





2016年9月29日(木)

小売部が免税店になりました

弊社は今年9月21日付で免税店となりました。現段階では
消費税のみですが、訪日外国人のみなさまは弊社で

商品を購入した場合、消費税が免税になります。海外からの
お客様が増えている中、イン・バウンドの一環としても

有り難いことです。購入時はパスポートの提示や、購入商品リスト
へのサインが必要になります。商品は厳封してお渡しすることに

なります。免税で購入したお酒は日本を出国するまで飲むことは
できません。日本国内に滞在中に、このお料理と一緒に

飲みたいなと思っても飲めないのが、ネックです。日本にいる間は
グッと我慢して頂き、日本を出国された、ごゆっくり

お楽しみ頂ければ幸いです。
 前政権の時に、内閣府国家戦略室に呼んで頂き、日本酒の

進講を申し上げました。以来、國酒プロジェクトがスタートし、
クール・ジャパン、ヴィジット・ジャパン、乾杯条例、

酒蔵ツーリズム、イン・バウンドへの流れとなって来ました。
様々なインフラ整備の中、ソフト面で、訪日外国人の

みなさまにお買い求め易く、多少なりとも歓迎の意を表し、
喜んで頂ければ幸いです。

みなさまのお越しをこころよりお待ちしております。





2016年9月27日(火)

村田会長を励ます会

みなさま周知の村田会長は昭和58年から地酒の会を開催されてきた、
地酒啓蒙の先駆者です。大変残念な事に、今年7月、

奥様がご逝去されました。改めて、哀悼の意を表しますと共に、
ご冥福をこころよりお祈り申し上げます。

非常に多忙な会長を陰で支えて来られたすばらしい方だと
聞いております。悲しみも一入の事と拝察しております。

今日は掲題会が開催されました。160名ものみなさんが一堂に会し、
熱い思い溢れる会になりました。

ご冥福をお祈り申し上げますと共に、会長の益々のご活躍、ご清祥を
祈念申し上げます。

合掌。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海外から弊社H.P.を見て頂いているみなさまからも連絡を頂き、
今後はより速やかにアップして参ります。

どうぞよろしくお願い致します。





2016年7月29日(金)

六本木ヒルズ 森美術館

明日、7月30日(土)から森美術館で開催される 「宇宙と芸術展」 の
オープニング・パーティーと関係者レセプションで弊社の商品を

 

 

 

みなさまに楽しんで頂きました。関係者レセプションでは森美術館
南條館長様のスピーチの後に、スピーチの時間を

頂き、大変恐縮しました。
オープニング・パーティーでは南條館長様のご挨拶の中で宇宙、
ミクロとマクロ、曼荼羅等々のお話し、

日本酒と共通するものも垣間見え、大変興味深く拝聴させて
頂きました。キュレーターの椿様のお話し、

国内外の芸術家のみなさまの姿に、感銘しました。
日本酒も小宇宙、マクロとミクロの世界観、曼荼羅、何か

垣間見えた様な気もします。

 

商品は

純米大吟醸酒 郷乃譽 活性にごり スパークリング
純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々

です。お陰様で、有り難い大混雑でした。

芸術家の方とお話しさせて頂くと、
共通項 ? が多く、楽しいひと時でした。

今回のG7伊勢志摩サミットでお使い頂いた事を
ご存知の方も含め、「美味しい」、「今までに飲んだことのない日本酒」と

大変喜んで頂きました。
ご来場のお客様、お世話になりました森美術館のみなさまに

厚く御礼申し上げます。
感謝。

http://www.mori.art.museum/contents/universe_art/ へのリンク





2016年6月24日(金)

笠間と東京をつなぐ会

都内、都市センター・ホテルに於いて、山口笠間市長の
上記発表が開催されました。

小生もこの度の G7伊勢志摩サミット安倍総理夫人夕食会で
選定された 

純米大吟醸酒 花薫光 無濾過・生々

に付いて、お話しをさせて頂きました。乾杯は上記花薫光。
その他、笠間の地酒が供されまし。

 







2016年6月21日(火)

夏至

ことしもいつの間にか、夏至。



ご縁で、すばらしい処をご案内頂きました。

日の出:04時23分、日の入り:19時01分
月の出:19時30分、月の入り:05時06分





2016年6月20日(月)

銀座 一徳

上記サロンでの集い。世の中には凄い処があるものです。
すばらしいご縁で、様々なみなさまにお会いできました。

 
ヒロ・ヤマガタさんと                                大倉さん

お酒は G7伊勢志摩サミット安倍総理大臣夫人主催夕食会で
お使い頂いた

純米大吟醸酒 花薫光 無濾過・生々

みなさまに、一徳さんに感謝。





2016年5月26日(木)

G7伊勢志摩サミット安倍総理大臣夫人主催夕食会

世界のファーストレディーの夕食会で弊社、

純米大吟醸酒 花薫光 無濾過・生々

をお使い頂きました。造り手として、大変光栄です。
更に、孤高の日本酒をめざして研鑽して参ります。


http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000160212.pdf へのリンク





2016年5月7日(土)

スマホ・カバー

何ともおしゃれなスマホ・カバーを頂きました。
越前和紙で作ったスマホ・カバーで和紙(檀紙:楮を原料とした縮緬状の

高級和紙)ならではの日本の伝統美に加え、耐久性、耐摩耗性に優れて
います。人間国宝であった越前の山崎吉左エ門紙業さんの



商品です。パンツのお尻のポケットに入れて使っているのですが、
擦り切れたり、擦れて毛羽立つこともない優れものです。

和紙はその丈夫さとニッポンの紙色の美しさ、門外不出の技術が
見事に伝承されている商品です。

書籍も洋紙ばかりになってしまいましたが、私の古い洋紙の本は
痛みが激しいのに対し、和紙の本は色こそ、すばらしい

色合いに変化するものの、色も強く変化せず、痛みがありません。
手紙を書くときは和紙が一番だと思います。

私の様に文字は下手でも、和紙はニッポンのすばらしい
美意識が凝縮されています。

山崎吉左エ門紙業の先代山崎さんは皇室、愛子様の
命名の儀の和紙を漉いた方でも有名ですが、

その技術を一家で伝承していることも、何物にも代え難い
日本の精神文化の現れだと思います。

大滝神社と言う神社があります。
その大滝神社を五か所の神社が守っているという



  


すばらしい神社です。下社にお参りするだけでも、
凝縮された長い歴史と品格に驚きます。

一度上社にもお参りしたいと思っています。
紙の文化博物館も一見の価値があります。みなさんも越前和紙の里

共々訪れてみては如何でしょうか。何気ない日常にすばらしい
歴史ある文化が息づいている里です。

みなさま、お世話になりました。

感謝。






2016年4月27日(水)

つつじが満開になり始めました

 

 

 





2016年4月23日(土)

茨城県新酒を利く会

水戸市の三の丸ホテルで上記会が開催されました。
小生のNHKの外部講座で来て頂いている方で遠くは

神戸から態々お越し頂きました。恐縮です。

 

 
           表彰状授与式                      利き酒選手権第一位の方、橋本知事、廣瀬会長

橋本知事もお忙しい中、掛け付けて頂き、利き酒選手権第一位の
お客様に表彰状の授与までして頂きました。

新酒等は

純米大吟醸酒 郷乃譽 あらばしり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 霞 山 あらばしり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃 あらばしり 無濾過・生々
純米吟醸酒 郷乃譽(黒吟) 無濾過・生々

余裕を持って商品を持参したのですが、圧倒的なお客様に
早々に、完売してしまいました。

みなさま、ありがとうございました。
感謝。





2016年4月21日(木)

日本の酒メッセ

都内で今年も酒メッセが開催されました。
商品は

純米大吟醸酒 雪の舞 無濾過・スパークリング
純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々
純米吟醸酒 郷乃譽(黒吟) 無濾過・生々精白45%
生酛純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生貯蔵酒



にごりの酒質に感激して頂きました。
にごりの酒質はヨーロッパでも非常に高く評価して頂いて

おります。弊社の生酛はワイン鑑定家、ロバート・パーカー氏が
高く評価したことでも有名ですが、みなさんにこの様に

喜んで頂けるのは何よりです。No.1と仰って頂き、恐縮です。
大混雑で、みなさまとゆっくりお話しができず、すみませんでした。

みなさまに、感謝。




2016年4月20日(水)

震災地域の支援について

太陽は必ず昇ります。みなさんがんばりましょう。
3.11の体験者です。

九州、特に、熊本のみなさま、何と申し上げればいいのか。言葉もございません。
唯、唯、こころよりお見舞い申し上げます。

支援物資が中々届かない地域もあると聞いております。3.11東日本大震災の時も
そうでしたが、と゜うしても津波被害地域を

中心に目が向けられがちでした。後日、震災の名前が「東日本」と変わりましだか、
東北以外の地震被害地域、或いは、同じ津波でも茨城県北地域の津波は

殆ど報じられず、報道の中で、取り残されてしまいました。笠間も水戸も
被害が大きかったことが意外に知られていません。

報道も中々大変だとは思いますが、俯瞰的報道を、また、各自治体は
震災被害を受けていることを声を大にして発して頂きたいと

思います。弊社もかなりの被害でまだ、修復できていないところも
ありますが、声を大にして発すべきだと思います。

復興支援の購買もそうでしたが、東日本大震災の時は殆ど
被災していない企業からの支援購買が多かったと

思います。被災している企業は全てを流失してしまったり、甚大な被害で、
企業活動が何もできない状況では商品さえも作ることが

できませんでした。その様な状態にある地域のみなさん、企業にとって
本当の意味で復興支援となる体制を今般作って

頂きたいと思います。知り合いも多く、心配で致し方ありませんが、
一日も早く、余震が収まり、復興支援体制が

整うことをこころより祈念しております。
炊き出しのみなさん、ボランティアのみなさん、毎日、お疲れ様です。

みなさんもお疲れのことと思いますが、もう少しです。激励FAX.送りました。
何卒、よろしくお願い致します。




2016年4月17日(日)

純米酒フェスティバル

都内で純米酒フェスティバルが開催されました。
根っからの 「山桜桃」ファン、「生酛」ファン、「雪の舞」ファンが

駆けつけてくれました。残念ながら、当方はどうしても伺えませんでしたが、
社員はみなさまの熱烈コールに大感激でした。

みなさま、ご来場、ありがとうございました。
中野社長今春もお世話になりました。

感謝。





2016年4月14日(木)

熊本県、九州のみなさまお見舞い申し上げます

この度の震災、お見舞い申し上げます。
3.11の時大きな揺れは1回のみでしたが、

今回は余震が大きいので十分お気を付けください。






2016年4月11日(月)

CNNの取材

アメリカの放送局CNNの取材がありました。
先日はアメリカ、マイクロ・ソフト社の役員の方が見えたり、

オランダからも、アジアからもお客様が見えたり、
様々な国のお客様がお見えになっています。

CNNはVTR取材でした。何時だったか、フランスのシャンパーニュ地方の
シャンペーンのドメーヌが記念事業企画の参考にしたいと、

お見えになったことがありましたが、国境がなく、同次元で
お互いに様々なことを共有をしているように思えます。

どの様に放映されるのか、わかりませんが、楽しみです。
感謝。






2016年3月12日(土)

NHK文化センター外部講座

水戸プラザホテルで大変有名な中華料理『 四川 』で
四川料理と日本酒を楽しむ講座を

開催しました。遠くは、神戸、大阪からもご参加頂きました。
弊社を見学、試飲後、同店ですばらしい

お料理と弊社日本酒を楽しんで頂きました。どの方も
「中華と日本酒???」と言うイメージ

でしたが、「お見事?」と見事な味わいだった様で、非常に
喜んで頂きました。

総料理長、店長様、はじめ、みなさまに大変お世話に
なりました。御礼申し上げます。

ご参加頂いたみなさま、ご遠路、
ありがとうございました。

感謝。






2016年3月4日(金)

海外からのお客様

海外からのお客様が珍しい訳ではありませんが、海外から
電話で予約をされ、態々、来社されました。

海外のある会社の元CEOに以前からお会いしたいと、
思っていたのですが、その会社の方が見えたことです。

偶然と言えば偶然なのですが、驚きました。折角のご来社、
先約で、外出しなければならず、残念でなりませんでした。

試飲は最初の1アイテムしかご一緒できませんでしたが、
海外から態々この為にお見え頂き、すばらしいと

喜んで頂けことは造り手として、この上ない喜びでした。
その後の試飲もとても喜んで頂いたそうで、何よりでした。

また、すぐ来る、明日 ? と冗談で仰っていましたが、
お会いできるのを楽しみにしています。

感謝。







2016年1月18日(月)

いちべえ

非常に有名な地酒の名店、「いちべえ」さんで「郷乃譽の会」を
開いて頂いた。桂馬さんとの約束である。



大変残念なことに、昨年、他界された。桂馬さんが企画した
最後の会である。

 

桂馬さんにお会いしたのは十数年前、? いや、もっと前だったと思う。
須藤さん、酒の会にやってよと言われながら、

忙しさの中で、そのままになってしまっていた。昨年、桂馬さんと
約束し、いい会にしようと話していた矢先である。

  

いちべえと言えば、言わずと知れた、酒の業界では一目置く存在である。
お客様も長年、日本酒をこよなく愛してくれている食通の

お客様ばかり、すばらしい機会を頂いた。みなさん、本当によく日本酒をご存じ
の方ばかり。天気はよりによって、東京大雪の翌日の夜であった。

 

桂馬さんが忘れるなよと言って居るみたいだった。電車は遅延、
道路は雪が残っていた。万全の雪対策で伺った。

いやー、それにしても驚いた。山桜桃で日本酒に目覚めた方、雪の舞に
衝撃を受けた方、花薫光に目から鱗だった方、

35% 純米大吟 郷乃譽 無濾過・生々の2005年を
大切に熟成して頂いていた方、この方は

この日の為にと、冷蔵のまま、態々持参、開けてくださった。
作り手冥利である。

更に、驚いたのは十数年前の「ダボス会議」に営業を
掛けた時、何と、現地、ダボスで

純米大吟醸酒 花薫光 無濾過・生々

をプレゼンして頂いた方にお会いした。これも偏に桂馬さんの
お導きだと思った。世の中、狭いものである。

当時、石原都知事にお願いし、無理やり、ダボスで日本の酒文化を
PRして頂いた。勿論、予算でお買い上げ頂いたと言う厚かましさ

にも拘わらず、何の面識もない、田舎の酒蔵の若造の話しを聞いて、
ご快諾頂き、恐悦至極。

昔から、弊社のお酒を飲んで頂いていた方がたくさん声を掛けて頂いた。
フルネットの中野社長も、高瀬先生も、本当に多くのみなさまの

ご声援に支えられて、今日まで歩んで来る事ができた。桂馬さんの
ご尽力も一入ならぬものがある。

日本酒業界の為に多大なるお力添えを頂いた一人である。
粋なみなさんのすばらしい酒の会であった。

桂馬さん、どうでしたか ? やっと叶いましたよ。
ありがとうございました。

大雪の中、ご参加頂いたみなさん、スタッフのみなさん、
ありがとうございました。


当日の酒は

千の風になって 無濾過・生々
花薫光 無濾過・生々
郷乃譽 無濾過・火入
郷乃譽活性にごり2012Vintage スパークリング
霞山 無濾過・生々
山桜桃 無濾過・生々
生酛純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・火入
山渡 無濾過・生々


深謝。





2016年1月13日(水)

笠間観光協会新年会

観光協会の新年会が開催され、山口笠間市長のご挨拶の下、
乾杯は勿論、笠間の地酒を笠間焼で乾杯。

茨城県乾杯条例発祥の地故、大いに地酒を
堪能しました。

笠間にかんぱーい!!!
みなさん、ありがとうございました。





2016年1月8日(金)

千鳥會

茨城新聞社主催、茨城県下政財界のみなさんが一堂に会する
賀詞交歓会が開催されました。



橋本知事の新年の挨拶の下、各界からの挨拶。今年で66回目と言う
伝統ある賀詞交歓会です。

乾杯は勿論、日本酒。
様々なみなさまに一堂に会することができ、

有意義なひと時になりました。





2016年1月4日(月)

笠間市賀詞交歓会

 

笠間市長始め、国会議員の先生、政財界から多数
参列の下、賀詞交歓会が開催されました。

鏡開きは笠間市内4蔵ある中、2蔵ずつ交互に菰樽を
使って頂くことになり今回は市内から2蔵の

菰樽をお使い頂き、笠間焼で乾杯を行いました。

茨城県で最初に乾杯条例を制定施行した自治体だけに
大いに盛り上がり、日本酒のおいしさを

堪能頂きました。
みなさま、今年もどうぞよろしくお願い致します。

感謝。





2016年1月1日(金)

新年明けましておめでとうございます



旧年中は大変お世話になりました。
社員一同、少しでもより良き酒を醸すことに

専心しております。初しぼり、活性にごり、雪の舞いも
昨年以上の味わいとなっております。

是非、お楽しみ頂ければ幸いです。
みなさまの益々のご多幸、ご繁栄を記念申し上げますと共に

今年もどうぞよろしくお願い致します。

須藤本家当主
       須藤源右衛門





2015年12月28日(月)

Hong Kong You Tube

香港のYouTuber JASONさんのyoutubeに載せて頂きました。

http://www.youtube.com/watch?v=BQ0NeL0xSiM へのリンク

気さくな、面白い方で、こちらも大いに楽しませて頂きました。
是非、ご覧ください。





2015年12月9日(水)

アークヒルズ、メンバーズ・クラブ

上記クラブで、忘年会が開催されました。錚々たるみなさまばかり、
弊社商品のみで、お料理を楽しんで頂きました。



みなさまに、感謝。御礼申し上げます。





2015年11月29日(日)

笠間市市政懇談会

上記会が弊社で開催され、山口市長共々たくさんの市民の
みなさんに来て頂きました。





 
2015年11月20日(金)

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会から
表彰状

二十数年前、上記研究会の設立と共にご一緒させて
頂きました。いつの間にか、同会も25周年。

 

その節目に表彰状を頂きました。ただ、単に、最初からご一緒
させて頂いたと言うだけなのですが、

有り難いことです。それにしても、いやー、いつの間にか
全員が年を取っていました(笑)。

当たり前ですが、年月を感じます。ソムリエの方で
最初にお会いしたのは田崎信也さん。

勿論、有名になる遥か前でした。右田さん、木村さんも
ずっーと若い頃でした。

酒蔵では大七さん、小澤さん、東光さんが同じく表彰状を
頂きました。大七の太田さんとは

海外で会うことが多く、国内で会うのは久しぶりです。
みなさまに、感謝。





2015年11月14日(土)~15日(日)

ベトナム

ベトナムで「日本食フェスティバル」が開催されました。



錚々たるみなさまの下、すばらしい会となりました。



2014年、花薫光が総理官邸の賓客用のお酒として採択されました。
ベトナムの国家元首にも安倍総理から送られました。



 
四条家の包丁式が執り行われました。

何故か私もスピーチのご指名まで頂き、大変恐縮しております。

 



偶然にも戦争博物館をご案内頂きましたが、
想像を絶するものでした。かなりショックを受けると思いますが、

一度は見た方が良いと思います。
みなさまに、感謝申し上げます。





2015年10月24日(土)

笠間国際交流会

笠間稲荷神社で笠間国際交流会20周年記念式典が開催されました。
四条流包丁式が奉納されました。

何度か拝見させて頂いたことはあったのですが、これほど間近に
拝見させて頂くのは初めてでした。

 

「外国人を魅了する和のおもてなし」と言う交流テーマで
パネル・ディスカッションも行われ、

僭越にもパネラーに呼んで頂きました。コーディネーターは
フード・アナリストの藤原浩氏、パネラーは

 

レバノン大使、四条中納言山蔭嫡流四条司家第四十一代当主
四条隆彦氏、笠間国際交流協会専務理事

木村美枝子氏と小生の5名でした。笠間焼では沼野秀章氏、
酒井俊志之氏、松田和美氏、ランディー・ウージー氏の

作品の協力を頂きました。
大変歴史ある交流会の記念式典に呼んで頂き、光栄の限り

でした。コーディネーターの藤原様、木村様のお陰ですばらしい
交流会になりました。藤原様も四条様もみなさま

すばらしいお家の方ばかり、大変光栄です。因みに、笠間稲荷神社の
宮司様も中臣のお家、唯々、感服するばかりです。

みなさま、大変お世話になりました。
感謝





2015年10月9日(金)~12日(月)

笠間浪漫

 





毎年恒例の上記会が開催されました。
開会式ではもちろん、笠間の地酒を笠間焼で乾杯、

乾杯した方の運転はご法度。僭越にも、乾杯条例の説明を
させて頂きました。

清めての開会式、
今回の笠間浪漫も、たくさんの方のお客様と

笠間市民のみなさんとの交流の場でもあります。
それにしてもすばらしい秋晴れの下、開催されました。

みなさまに感謝。





2015年10月7日(水)

フィナンシャル・タイムズ
Financial Times

イギリスの日刊新聞、フィナンシャル・タイムズから
取材がありました。

どのように掲載されるのか分かりませんが、
大変有り難いことです。





2015年10月5日(金)

関東地区私学教育研究集会校長研修会
酒蔵見学会

昨日に引き続き、上記研修会で弊社に見学に見えました。
たくさんの先生方にお見え頂きました。

酒蔵の風景が多少なりとも、お届けできていればいいなと
思いました。迷路のような道なりに驚かれたことと

思います。田舎の原風景を楽しんで頂けましたでしょうか。


神官の方に今でも土塁が残る神聖な ? 場所と
おっしゃって頂いたことがありますが、これからも異次元 ? の

空間を、少しでも多くの方に楽しんで
頂ければと思っています。弊社の社にお参り頂く方も

いらして、大変有り難いことです。





2015年10月1日(木)

関東地区私学教育研究集会校長研修会

水戸で開催されました上記会に於いて、僭越にも講演を
させて頂きました。

タイトルは「酒蔵の社会的存在意義とCSRについて - 日本酒の
本質的価値 - 」と言うタイトルでお話しをさせて頂きました。

校長先生ばかりの研究会に、貴重な機会を頂きました。





2015年9月25日(金)

さんさん 2015AUTUMNvol.36 茨城トヨペット

茨城トヨペットさんの冊子さんさんのドライブ・レポートに
掲載して頂きました。今回は笠間市、

 


車は新型シエンタです。

美味しい処、楽しめる処が満載です。是非、遊びに来てください。
詳しくは、本誌「さんさん」をご覧になってください。





2015年9月22日(火)

日本酒条例サミット in 京都

日本酒条例サミットが京都で開催されました。
今年で2回目、乾杯条例を制定した自治体の酒蔵が

 
隣は平安神宮                                

全国から京都に集まり、約2,300名のお客様に
楽しんで頂きました。NHKでもその模様を放送して頂きました。

笠間からは4蔵の出品、内、3蔵がブースでご案内しました。
各自治体の取り組みが

発表され、笠間市は観光課の加藤さんの発表で、これまでの取り組み、
笠間のマイ猪口倶楽部、酒蔵が紹介されました。

知らぬは本人ばかり、みなさんから沢山の連絡を頂きました。
偶々京都に来ていた知り合いの方々も試飲して頂き、

大盛況のサミットになりました。勿論、京都の門川市長も各ブースを
熱心に廻って頂いていました。

持参した

純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々

は第一部、第二部とも最初の15分で試飲用は完売して
しまいました。注ぐだけで精一杯、

 
                          増田さん、木村祐一さん、森田さん

ゆっくりお話しする時間もなく、終わってしまいました。
ご遠方から、態々、山桜桃を楽しみに

 
                                      今年もブースを出していた頂いていた大阪国税局
                                       のみなさん、香りのきき分け等面白かったです。


来て頂いたお客様も沢山いらっしゃったのに、
試飲できなかったお客様も多数いらして、誠に、申し訳け

ございませんでした。試飲用の本数は充分用意した
のですが、大変ご迷惑をお掛け致しました。

東京から1時間、是非、蔵にも遊びにいらしてください。
お待ちしております。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150922/k10010244421000.html へのリンク





2015年9月14日(火)

常総市の洪水

常総市の水海道地区の約8000世帯は未だに、水道が来ていません。
浄水場が損壊してしまったそうで、未だに水が来ていません。

給水を受けている状況にあります。水の給水、聞き取りでは
一人500mlのペット・ボトルと2Lの水との事でした。

取り急ぎ、20Lのポリ容器に仕込み水を入れ届けに
行って来ました。道路には瓦礫の山、
一面土埃で真っ白な状態です。常総線の線路も真っ白、

道路は渋滞で、移動にかなりの時間を要しました。
不足しているのは水、浄水場の仮復旧に

2週間を要するとの事でした。一日も早い水の供給を
お願いします。

もし、みなさんで水をお届け出来る方がいらっしゃれば、
是非、水の供給をお願い致します。

http://www.city.joso.lg.jp/ へのリンク





2015年9月12日(土)

大橋さん
Master of Wine
おめでとうございます

シンガポールでお会いした時にも、是非に、とお話ししていましたが、
何よりの事、おめでとうございます。

益々のご活躍を祈念申し上げます。





2015年8月13日(木)

お棚飾り

先祖供養も終わり、お盆さんです。

ご先祖様をお迎えするお棚を飾ります。
かなり大きなお棚で点数が多いので、ちょっとした力仕事とパズルです。

毎年、ご位牌や様々なものを改めて、見るのですが、毎年、新たな
想いを持ちます。お棚飾りをすると先祖への感謝の念が

より一層深くなります。
江戸時代、仕事に来た蔵人の方の位牌があります。

雪深い国からはるばる此処まで、
仕込みに来て、亡くなり、こちらで埋葬した様です。その方の奥さんの

位牌もあり、毎年、その位牌を見るにつけ、複雑な思いがします。
蔵人さんの実家を探してみるものの、大分前の事、その手掛かりも殆ど無く、

まだ、分かりませんが、いつかはご位牌を戻して
上げたいと思っています。それまでは先祖が代々行って来た様に、

変わりなく、供養しています。
当時は徒歩、馬以外に交通手段もなく、大変な苦労があったのだろうと

思います。今の時代、あまりにも便利になり過ぎ、
何か大切なものを置き忘れてしまっている様に思えてなりません。

お盆さん、ふと立ち止まる一瞬でもあります。
新盆のお参り、お客様で、あっという間にお盆さんが終わり、

ご先祖様のお送りとなります。その後、裏お盆さんのお供えと供養で
お盆さんが終わります。

にっぽんてすごいな~(似たようなフレーズありましたが・・・)。





2015年8月5日(水)

マリアージュ in 台北

  

   



台北の食通ばかりが集ったマリアージュの会、大いに盛り上がりました。
台北の有名なブロガーまで来て頂き、その場でアップ

していました。盛り上がり過ぎて、あっという間にお開きになって
しまいました。

料理のメニューを頂き、お酒とマリアージュするのですが、お料理を
食べていないのに、マリアージュした時の味わいを

明確に表現しなければならない処が大変です。外れていれば
ブーイングです。お客様も大満足、楽しいひと時でした。

社長様始め、役員のみなさまも超ご多忙の中、ご参加頂き、
ありがとうございました。スタッフのみなさま、

お世話になりました。感謝。





2015年7月15日(水)

杜の手入れ



毎年恒例の杜の手入れです。あまりにも木々が高い為、
毎年少しずつ手入れをして、森林資源の確保と、

貴重な仕込み水である伏流水を保つ為、少しでも
地域が高温にならない様に、動物の生態系を

守る為にも必須なアイテムです。自然資源は10年、20年の
短いサイクルでは維持できません。

日本はあまりにも恵まれ過ぎている為、空気も、水も、
どの様に大切にすべきかと言う議論が

なされないまま、目先の指標で動くことが多くなっている様に
思えてなりません。

我々は次の世代にバトンを渡す走者です。バトンを渡すにも
次の走者が育ってなければなりません。

成田に降りた海外の方が「グリーン・ベルベット」と仰ったことが
とても印象的で、忘れる事ができません。

環境は正に、その国の見識そのもの。杜番としての務めを
果たして参りたいと思っています。

いつも様々な専門のみなさまから貴重なご意見を頂き、
感謝に堪えません。

自然に、みなさまに、感謝。





2015年7月16日(木)

イギリス BBC 放送の取材

BBC放送が取材に見えました。取材した方はハーバード出身、
マイケル・サンデル氏の授業も取ったことがあるそうです。

とても素晴らしい方で、通訳して頂いた方も大変すばらしい方でした。
興味深い話に、中々話しが終わりませんでした。

今回は日本を深く掘り下げた取材を行っているとのことでした。
どの様な内容になるか、楽しみです。





2015年7月15日(水)

夏真っ盛り



杜の木々を通ってくる風にひと時の涼があります。
酒蔵の裏側で工事をしている業者さんは

「いや~、涼しい !! 」っとの事でした。風が爽やか~。
ヒトンチッドもあるのかも知れません。





2015年7月15日(水)

ちょっと珍しい桔梗

 





2015年7月10日(金)

お客様の試飲

ご遠方からも、海外からも試飲にお見え頂きます。



予約制ですが、是非、お越しください。社員一同
お待ちしております。





2015年7月8日(水)

ある処で

ある国の有名レストラン系の処でイベントがありました。
ところが、奇をてらったのか、衒い過ぎたのか、

分かりませんが、最初のディッシュから食材同士が
どこまで行っても平行線と言うお料理でした。

「これはないでしょう」と言う組み合わせに愕然となりました。
日本でも大変な繁盛店らしく、大変な混雑でしたが、

「食」、「味覚」をきちんと継承して行かなければならないと
思いました。何か、俄かに作った様なお料理、

幹がいつの間にか消えてしまっていました。継承する事の
難しさでしょうか。他人事ではありません。

気を引き締めて、参ります。





2015年7月5日(日)

大吟醸を楽しむ会

宮崎市の宮崎観光ホテルで大吟醸を楽しむ会が開催
されました。今日が本番です。

 

今回は全国から40蔵が参加して、開催されました。
商品は

純米大吟醸酒 郷乃譽黒ラベル 無濾過・生々

 

を出したました。大変気に入って頂いたお客様が大勢来て頂き、
ブースの前で、お客様が、お客様に宣伝して頂きました。

 

突如現れた営業本部長?に感激?やら感謝やら、有り難い事でした。
「 うまい 」、「 一番うまい 」、「 ちょっとやばい 」等々、

何度も来て頂き、ありがとうございました。それにしてもみなさん、
何と言っても強い、男性も、女性も、強い。

若い女性の方が増えている事も、とても有り難い事です。
みなさま、ありがとうございました。

大会運営のみなさま、毎年のことながら、今年も大変お世話になりました。
感謝。





2015年7月4日(土)

大吟醸を楽しむ会前夜祭

毎年恒例の大吟醸を楽しむ会前夜祭が宮崎県のシーガイア・
オーシャン・リゾートで開催されました。

前夜祭も大盛況、今年も満員御礼。チケットは発売と同時に
完売してしまったそうです。

 

シーガイア・ホテルの42階で開催され、最も高い ?  場所での開催です。
今年はおもしろい落語を聞かせて頂きました。

懇親会は勿論、シーガイアで。

 

商品は

純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々

を出させて頂きました。日本で初めて生酒を出した当時、純米酒 無濾過・澱がらみ
がその元の商品です。活性にごりは数百年来完全な生で、

且つ、スパークリングでしたが、透明なお酒で生は1973年からリリース
しました。その年は同じく、「冷おろし」を国内で初めてのリリース、

当初は「生」である事は非常に珍しく、と言うよりも、業界では有り得ないこと
でした。今でこそ、生酒は大分出る様になって来ましたが、

醸造技術、管理技術等、全てに於いて、完璧が求められる技術的に高度な
世界です。懐疑的であった雰囲気から、「おいしい」と仰って頂き、

造り手冥利に尽きます。当時は火入れしたお酒であってもタンパク混濁や、
火落ち菌により酸敗等、大変な時代にあって、完全な生酒を

出したので、みなさん、驚いてしまった様です。その時の杜氏からは
「 責任持てません。 」まで言われましたが、「杜氏さんに責任を

取って貰おう等と思っていません。 」とお伝えし、社長からも叱責されながら
蔵出しした思い出深い商品です。

やはり、生の無濾過は うまい !!! 

今回のお席もすばらしいみなさまばかり、楽しいお酒の席でした。
持論公論 ?? 勝手な事ばかり、申し上げました。

沢山の言葉も頂き、感謝。

みなさん、ありがとうございました。





2015年6月24日(水)

氷温夏生原酒と「さくらんぼ」

これがうまい、相性抜群です。



氷温下で丁寧に熟成させた夏に美味しい、爽やかな生原酒です。
細めのシャンパン・フルート・グラスでキーンと冷やして、

喉の奥に爽やかな清涼感が届く、珍しい日本酒です。
食前でも、食中でも、食後でもおいしく飲めます。

なっ何と、「さくらんぼ」との相性が抜群、味がだれずに爽やかに
おいしく飲めます。食後に細めの、たて長のグラスで、

さくらんぼを食べながら、口の中にすーっと、その後は喉を爽やかに
しながら、喉の奥へと爽やかさが伝わります。

ゆるやかな至福のひと時を如何でしょうか。ごゆるりとお楽しみください。
かんぱーい









2015年6月16日(火)

氷温夏生原酒、郷乃譽赤ラベル、山渡、花薫光
6月18日(木)発売

お待たせ致しました。上記商品が発売になります。



 

花薫光は超高精白の一番手として、ロバート・パーカーのパーカーズ・ポイントで
91点、昨年は総理官邸の賓客用のお酒として採択されました逸品です。

山渡は花薫光の対極にある静かな味わい、郷乃譽赤ラベルは2009 International
Wine Challenge Commende 、ドライでキレの良いタイプです。

氷温夏生原酒は真夏に爽やかに、飲み飽きしないキリッとした品格ある50%の
純米大吟醸酒です。お陰様で、それぞれに良い熟成を重ねています。

どうぞ、その味わいを存分にお楽しみ頂ければ幸いです。





2015年6月14日(日)

大阪酒の陣

てんまみち阿田の中上さんが主宰する大阪酒の陣が今年も
梅田の阪急インターナショナルホテルで

開催されました。趣向が盛りだくさんで、こちらも大いに楽しませて
頂きました。

 

すばらしいお客様ばかり、弊社の処に来ると、みなさん異口同音に、
おもむろに、首を傾げ、「やばいっ」、「何これ、超やばいっ」

とのことでした。最初、首を傾げた時は一瞬、どうしたのかなと
思いましたが、「うまいっ」と言って頂き、

先ずは安心 !!!

毎回の常連さんで、もう十数年来の方もいて、「いつまで経っても相変わらず、
頑固やー !!! この味守り通してー。頼みます。頼むよっ」と

仰って頂いた。この言葉の前に「お互い、いつの間にか年を取った・・・」と、
深い言葉、長い間、良い酒を求めて来た戦友の様なもの。

今年もたくさんのいい人にお会いできた。これも中上さん等のお力添えの
賜物。地酒の啓蒙の為に、力を注いでくれている。

ギリギリ、終電で帰路へ。心地よい爆睡の帰路でした。近くにいた方
ごめんなさい、と思って、見渡すと、みなさん爆睡。

ほっとして、また、爆睡。
感謝。





2015年6月4日(木)

日本ゴルフ選手権

宍戸ヒルズカントリー・クラブで毎年恒例の日本ゴルフ選手権が
開催されています。

https://www.shishido.co.jp/shishido/ へのリンク

コース自体もすばらしいのですが、とても雰囲気がすばらしい
ゴルフ・クラブです。

運営しているみなさん、ボランティアのみなさんのすばらしさが
伝わってくる大会です。

是非、大会にお越し頂き、清々しく熱い、暑い熱戦をお楽しみ
頂ければ幸いです。

今年もVIPテントで弊社のお酒が召し上がれます。このVIPテントは
1番のスタートと18番のグリーンに挟まれた、何とも

贅沢なVIPテントです。海外のリゾートの様です。今年は

純米大吟醸酒 郷乃譽 活性にごり・スパークリング無濾過・生々

です。数百年来のスパークリングです。その味わいは
海外のソムリエを唸らせた高品質です。

是非、グラン・クリュのシャンベーンと較べのみして頂くと
その特色が歴然とお分かり頂けます。

伝統的スパークリング醸造方法で造った爽やかな 無濾過・生々を
片手に、日本ゴルフ選手権をお楽しみください。





2015年5月31日(日)

絵画の様な夕日



パシャッ !!!





2015年5月24日(日)

放 牧



                                                         
全国でも珍しい放牧です。乳も品質が高く、おいしい乳です。
牛のサイズも、シッカリした丈夫な体格、顔の

表情が驚くほど柔和な牛です。牧場主の人柄が
写っている様です。

今は自然放牧の為、乳量がかなり不足しているそうです。
                    牛の母体と品質を考えたすばらしい放牧です。                                                       
あらゆるものがお客様不在の量産化をしている中で、
ちょっと、ほっとしたひと時でした。





2015年5月16日(土)

社員の食事会

   

地元のレストランで、社員の子供さんを交えた食事会が
開催されました。

子供さんも社員も暫しの夕食にお腹いっぱい !!!
ちょっと食べすぎたかな ~ !!!

と言う私は夕方4時45分まで海外からのお客様と遅い
マリアージュの昼食を摂ったばかりで、

更に、膨満感でいっぱ~いの一日でした。





2015年5月10日(日)

か も す

茨城県立歴史館で 「かもす」- 茨城の酒 -がテーマ展示
されます。奈良時代に編纂された常陸国風土記の中にも

当時の茨城県の酒造り風景が記されていますが、歴史的にも
その存在は重要なものです。江戸時代、家康の第十一子、頼房を

初代藩主とする水戸藩でも2,000軒もの酒屋があり、そこ此処に
点在していました。当時の水戸藩は常陸の中央部から、

県内北東部、下野の一部(那須郡)に及ぶ広範な範囲でしたが、
それにしても数多くの酒屋が点在していたことが伺えます。

文書資料、酒造り道具、酒器等も展示されるそうです。
是非、ご覧ください。





2015年5月5日(火)

春爛漫 !!!














2015年4月29日(水)

陶炎祭ひまつり

笠間工芸の丘で陶炎祭が開催されています。

陶炎祭の出店に付きまして、沢山のお問い合わせ、ご来社
ありがとうございます。

今年は大変残念ながら、火祭りへの出店はございません。
選に漏れてしまったのか、理由が明示されておりませんが、

笠間市内3蔵が参加できません。
毎年楽しみにして頂いておりましたのに、大変残念で、

申し訳ありませんが、何卒、よろしくお願い申し上げます。
酒器は例年同様、展示・販売しております。

陶炎祭は大変賑わうイベントですので、是非、遊びに
いらしてください。





2015年4月26日(日)

春爛漫

  

  

  

  

今は丁度、霧島が見事です。樹齢は数百年でしょうか。母に聞いても、
母も分からないそうです。

今年は今の時期は雨が多いはずなのですが、例年に比べ、少ないようです。
お陰様で、元気な植物に囲まれ、空気にも、水にも恵まれ、よい人に

恵まれ、良い酒造りが出来ました。
お花を生ける方から聞いたのですが、弊社の水は花が枯れないそうです。

生花を生けるのは大変なそうで、殆どは、直ぐに枯れてしまうそうですが、
弊社の水、伏流水を使うと、枯れないそうです。花を見ているだけで、

元気をたくさん頂きます。
自然に恵まれている事に感謝。





2015年4月12日(日)

純米酒フェスティバル2015

都内で上記会が開催されました。

 

いつもお世話になっている方々に沢山お会いしました。
今回は

郷乃譽、霞山、雪の舞、山桜桃、生もとのオール生酒で
楽しんで頂きました。

想わず、おいしさに記念写真で、ポーズ!!!

米は全量地元笠間市産の米100%の新米で、収穫後5ヶ月
以内の1等米以上に拘っています。

6ヶ月以上経つと、米の香りではなく、臭い臭いが出て来て
しまいます。2等米、3等米ではキチンとした米の形をした

米の割合が低く、青い米や崩れやすくなった米は精米初期で
なくなってしまいます。

重さで計る精米歩合ではこの部分が精米されたことに
なってしまい、崩れ去った青米や屑米の割合が精米歩合に

反映されてしまいます。例えば、青米や屑米の割合が30%あったと
すると、精米機に入れた途端に精米歩合が70%になって

しまいます。屑米を拾って使用すれば、精米歩合に多少は
反映されるものの、健全な麹や醗酵を行うことができません。

6か月以上経った米や、前年の古米等はとても使用できません。
数百年来、新米新酒と言うスタンスは変わっていません。

新米で醸す新酒はやはり「うまい」です。勿論、神前には
新米で造った新酒をお供えします。

神前、ご仏前には必ず新酒をお供え頂ければ幸いです。
ご参加頂いたみなさまに感謝、中野さんにも感謝。

みなさま、ありがとうごさいました。





2015年3月25日(水)

千玄室大宗匠による筑波海軍航空隊慰霊献茶式

旧日本海軍航空隊の司令部跡が直ぐ近くにあります。
なぎら健壱さんに弊社をご紹介頂いた「ぶらり途中下車の旅」でも

 

ご紹介頂いた上記航空隊司令部跡で、千玄室大宗匠による
慰霊献茶式が開催されました。

 

とても気さくな方で、ご講演後の懇親会では殆ど、席を温めていることがありませんでした。
歩く姿、姿勢、お考え、凛とした姿に、日本人がひょっとしたら忘れ掛けている



大切なものをお持ちの方でした。傍にご一緒させて頂くだけで、
学ばせて頂く事ばかりでした。すばらしい眼をお持ちの方でした。

ご献茶は野点ですが、今までに無いふしぎな空間と時間をご一緒
させて頂きました。お濃茶、お薄、一椀に籠められた深い一服を

ご一緒させて頂いた様なひとときでした。
私の日本史は筑波海軍航空隊から始まっています。小さな頃、母から

伝え聞いた話では、グラマンに撃墜された赤とんぼが近隣の山に墜落し、
この地域の取り纏めをしていた祖父が確認に行くと、まだ、若い兵士が

操縦桿を握ったまま、亡くなっていたそうです。「可哀想だった」との祖父の
言葉が忘れられなかったそうです。母も司令部跡が残っている事は

重々承知でしたし、その跡が記念館として残っている事も承知でしたが、
あまりにも重すぎて見に来ることが出来なかったそうです。

昨年、歩くのがやっとの母を記念館に案内しましたが、その当時が甦って
くるので、展示品をとても見ていられないと言っていました。

今日の日本はあまりにも平和過ぎて、日本人の琴線である日本人ならではの
すばらしさを見失っている様に思えてなりません。

短い時間でしたが、何にも変え難い貴重なひとときにこころ豊かに
遊ばせて頂きました。

感謝。





2015年3月24日(火)

花薫光あらばしり、山渡あらばしり

大変長らく、お待たせ致しました。 明後日、3月26日(木)、
花薫光と山渡のあらばしりが発売になります。

この間、みなさまからの
たくさんのお問い合わせに感謝申し上げますと共に、

長らくお待たせ致しまして、ご迷惑をお掛け致しました事、
お詫び申し上げます。

精米も約1週間、仕込期間も長く、全てに於いて一層
気を遣う商品です。上槽(搾り)も慎重になります。

上槽後の品質も良好、やっと、みなさまにお届け出来るように
なりました。昨年の発売の時も、お客様から

「他のお酒と全く違う」との声を頂きました。いつまでも

みなさまに喜んで頂ける名品でありたいと思っております。





2015年3月19日(木)

坂東市音楽ホールで講演

坂東市様からのご依頼で僭越ですが、講演をさせて頂きました。
驚いたのは講演させて頂いた音楽ホールのすばらしさ、

それから、何と、すばらしいピアノが2台、1台はベーゼンのフルコン、
もう1台はスタンウェイ&サンズ。

夫々のピアノにはスコダ、アシュケナージュのサインが書いてありました。





2015年3月14日(土)


フレンチと新米・新酒あらばしりとのマリアージュ 
NHK文化センター外部講座

毎月開催しているNHK文化センター外部講座で
地元笠間市にあるフレンチ・レストラン「トルチュ」さんで

 

弊社新米・新酒あらばしりとのマリアージュを行いました。
遠くは大阪、都内からご参加頂きました。ご遠路、ありがとうございました。


 

大阪からのお客様は元こちらのNHK文化センターで
受講して頂いていた方で、とても熱心な方です。この度の

 

マリアージュに態々お越し頂きました。ご参加のみなさんは長く教室に
来て頂いている方が殆ど、有り難い事です。

トルチュの中村シェフもとても熱心な方ですばらしいお料理でした。

テイスティングして頂いたお酒は

純米大吟醸酒 雪の舞 活性にごり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 霞山(白ラベル)あらばしり 無濾過・生々
生もと純米大吟醸酒 郷乃譽あらばしり 無濾過・生々
等々

レストランでは

純米大吟醸酒 雪の舞 活性にごり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 郷乃譽あらばしり 無濾過・生々
郷乃譽黒吟 垂れ口あらばしり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃あらばしり 無濾過・生々

でした。大いに食べ、大いに飲んだ ? 一日でした。
みなさま、ありがとうございました。トルチュさんに感謝。





2015年3月11日(水)

震災から4年

あの大地震から4年。
茨城県は可也の震災被害を受けているにも拘らず、あまり、震災被害と言う

情報が伝わってない県の一つ。
車で水戸市内の坂を下っていると、車が揺れ始めてから、

1分も経たない内に、強烈な揺れに、見舞われ、車は本当に転倒すると思った。
ハンドルを握りながら、座っている座面は瞬間的に90度右へ振られ、

その次の瞬間、180度左に振られた。千波湖の周りにいた人は一斉にへたり込んだ。
全員が一斉に同じ様に、それこそ、まるで、演技でもしているかの様で

あった。一瞬にして、信号は消え、電線は大揺れ、電信柱までが大揺れに揺れて
いた。急ぎ、会社に戻るも、途中は大渋滞。信号は全て消え、裏道ばかりを

経由して、4車線の道路は、どの車も冷静に、譲り合いの精神でそれ程時間を
要せずに渡る事ができた。あまりの恐怖に誰しもが茫然自失状態であった。

世の中、どうなってしまうのだろうと思った。幸い、社員は全員無事、建物は損壊が
ひどい状況であったものの、社員が無事でいてくれた事は有り難かった。

主婦の方もいるので、子供さんを学校に迎えに行く様に指示、それ以外の
社員も直ぐ、帰宅する様に指示。安否確認に各社員の家を尋ねると

住まいから避難した者もいて、所在が掴めない社員もいた。避難所を
何か所も廻るも、見つからない時は流石に不安が過った。家族共々無事で

居てくれた時は安堵した。電気も通っていない暗闇中の、確認は大変だった。
正に、真っ暗な闇の中。

幸い、数百年来の井戸も何とか無事であった事に感謝している。
昨年12月に何とか仕込み蔵は一通り、修復が終わり、新酒も蔵出しできた。

数多くのみなさまのお力添えの下、新酒が出せたことに、
感謝あるのみ。

まだ、修復が終わっていない処も多々ありますが、新酒が出せただけでも
幸せ。放射性物質の解析を逸早く掛けるも、原発風評で大きな被害を受け、

震災そのもの復旧にも未だ、時間が掛かりますが、粛々と復旧に努めて、
参ります。小さな時に母から伝え聞いた言葉が大切だと

痛感しています。それぞれの家々の歴史は次の台に繋いで行く必要があると
思います。今般の震災でお亡くなりになった方々に改めて、深く哀悼の意を

申し上げますと共に、数多くのみなさまに感謝申し上げます。また、今日私たちが
ある礎を築いてくれた先祖に感謝。

今年のお酒は今までに無い最良の出来。少しでも日本酒のすばらしさを伝えて
参りたいと思います。





2015年3月4日(水)

第3回 酒蔵ツーリズム

國酒プロジェクトからスタートした一連のプロジェクト、ヴィジット・ジャパン、
クール・ジャパン、乾杯条例、酒蔵ツーリズムまで、各省庁の



垣根を越え、今回、3回目のツーリズムが茨城県で開催されました。
今日は当社含め3社を巡って頂き、其々個性あるツアーに

 

なった様です。交流会でも様々で有意義な話が展開され、今後の
可能性に大いに盛り上がりました。

お越し頂きましたみなさまに厚く御礼申し上げますと共に、関係各位の
みなさまに御礼申し上げます。

いみじくも、日本時間の明日、5日(木)はユネスコのバー・カウンターで
日本酒の世界文化遺産登録に向けたイベントが開催されます。

みなさま応援の程どうぞよろしくお願い致します。





2015年2月19日(木)

京都老舗料亭和久傳様セミナー

 
                              J.ロブションさんの教え通りのポーズで。

和久傳様で弊社の日本酒セミナーを開催させて頂きした。
事前にご担当の方が弊社までお見え頂き、

各店舗から社員のみなさまにご出席頂きました。
ご担当の方に各店舗をご案内頂き、それぞれの店舗の

すばらしさを楽しませて頂きました。料理長もみなさま、すばらしい
方ばかり、大変刺激になりました。

今回は各商品のあらばしり系を中心にみなさんに楽しんで
頂きました。ご担当の方はこの日、アテンドする為に、

態々休みを取ってアテンド頂き、恐縮しております。
お世話になりましたみなさま、ありがとうございました。

新谷さん、ありがとうございました。
感謝。





2015年2月5日(木)

茨城県人会連合会賀詞交歓会

毎年恒例の県人会賀詞交歓会が都内で、開催されました。
みなさんに「 清酒 Sake を世界無形文化遺産にしましょう !!」とお伝えしてきました。

 
                           海老沢会長

橋本知事

都内で活躍している茨城県出身の政財界のみなさまを中心に
開催されました。弊社からは

純米大吟醸酒 郷乃譽白ラベル 無濾過・生々

を出させて頂きました。
生のお酒を楽しんで頂いた様で何よりでした。

火入も善いが生は更に乙な味 !!!
とは、どなたの言葉でしたか・・・・・。私しか言っていないかもしれません !?






2015年2月3日(火)

食べログ

お客様から食べログの書き込みのご案内を頂きました。
良かったら、是非、みなさんで書き込んで頂ければ幸いです。

http://http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080103/8016719/dtlrvwlst/7206592/ へのリンク

どうぞよろしくお願い致します。





2015年1月11日(日)

結婚式にお招き頂きました

 

 

日頃ご縁のあるみなさまの結婚式にお招きを頂きました。
錚々たるお客様ばかり、恐縮、しきりです。

何と、全国から9蔵のお酒をお求め頂き、酒蔵マップまで
作って頂きました。鏡開きも古式ゆかしく行われ、すばらしい

門出となりました。ニッポンはすばらしいと思います。
お祝い申し上げますと共に、益々のご多幸を祈念申し上げます。

感謝。





2015年1月8日(木)


千鳥會

毎年恒例の千鳥會が開催されました。県内政財界のみなさんの
賀詞交歓会です。

 

毎年、鏡開きを行って頂いていります。当初は3社であった
鏡開きも、今や、8社程になり、毎年交代で菰樽のご注文となりました。

みなさま、お忙しい方ばかり、一堂に会して新年のご挨拶が
出来るのは有り難い限りです。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川村六郎さん

元京王百貨店社長の川村六郎さんの通夜に伺わせて
頂いた。お葬式は身内と近親者のみでとの事で、

厳かに執り行われた。私にまでお声掛け頂き、当時、
ご一緒だったみなさんとお見送りさせて頂いた。お取引でも

大変お世話になった。
川村さんは新宿の百貨店戦争で見事に勝利した方でもある。

ある時6階の茶室に呼んで頂いた。様々なお話をさせて頂き、
3時間も経った頃、茶室の外に出ると役員のみなさん、

日本酒のバイヤーさんがお待ちになっていた。地方の
小さな酒蔵の若造が暢気にお茶を頂いている間、ずっと待って

なっていたらしく、汗顔の至りである。その様な事はつゆ知らぬ、
此方もこちらだが、茶室を出た途端の驚き様は言葉で表す事は

出来ないほど。川村社長はとても気さくな方で、趣味人でもあり、
いつも穏やかながら、真に秘めた静かなパワーの持ち主でも

あった。いつもよく、声を掛けて頂いた。お会いしても
何一つ仰ることは無かったが、傍に居させて頂くだけで、

勉強になった。4年前、体調を悪くされてから、
一度お会いしたが、とてもお元気そうだったので、安心して

いた。四方やこの様な連絡が来るとは想像だにして
なかった。4年前にお会いした時に社長に仰って頂いた

言葉が今も忘れられない。
ずっと、見守ってくださっていた事を痛感した。

祭壇に、昨年から純米大吟になった 郷乃譽 無濾過 と 
純米大吟 郷乃譽 活性にごり 無濾過・生々 を供えさせて頂いた。

お世話になりながら、何のお返しもできなかった。
「川村社長、どうぞ、ゆっくり召し上がってください。」

「今年は今までで最上の出来です。」
合掌。

感謝。





2015年1月1日(木)

新年あけましておめでとうございます

爽やかな光の日の出、清々しい初春をお迎えの事と
お慶び申し上げます。
 



昨年も様々なみなさまに一方ならぬお世話になり、
厚く御礼申し上げます。

今年こそ日本酒をユネスコの無形文化遺産に登録しましょう。
みなさまに取りまして、今年も益々幸多からんことを

祈念申し上げます。
今年も社員共々どうぞよろしくお願い申し上げます。

初春は白酒(しろき)で「かんぱーい」 !!!
おめでとうございます。





2014年12月24日(月)

新米新酒初しぼり
郷乃譽 活性にごり
雪の舞

がリリース

純米大吟醸酒 郷乃譽(白ラベル)初しぼり無濾過・生々精米歩合50%、
純米大吟醸酒 郷乃譽(白ラベル)活性にごり 無濾過・生々精米歩合50%

純米大吟醸酒 雪の舞 活性にごり 無濾過・生々
の何れも新米新酒が発売されました。

今まででの造りの中で何れも最高の出来 ?  です。その質感を
是非、お楽しみください。





2014年12月19日(金)

笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例
一周年記念イベント

笠間稲荷神社で上記イベントを行いました。笠間4蔵と笠間焼協同組合が
一丸となって行ったイベントです。本来の祭礼を笠間稲荷神社で

  
川野輪理事長                        山口笠間市長

行って頂き、塙宮司様から祭主のお言葉を頂き、直会の一斉乾杯を
行いました。乾杯はいばキラTVさんの協力を頂いて、

 

SNSを駆使した全国、全世界同時一斉乾杯を行いました。開式の辞は
笠間焼協同組合理事長でもあり、乾杯条例の副会長でもある

 
ネバギブアップのみなさん

川野輪さん、ご挨拶は茨城県商工労働部長斉田様、ご出席の市議会議員の
みなさまを代表して小薗江笠間市議会議長のご挨拶、続いて、

山口笠間市長のご発声で乾杯。今回は茨城県内で乾杯条例が制定された石岡市、
水戸市、結城市の各自治体の酒蔵も参加頂きました。水戸市からは田口市議会議長、

同観光課長白石様、結城市からは前場市長様、石岡市からは前沢経済部長、
村上県会議員、広瀬茨城県酒造組合会長、上野笠間市商工会長、

増渕笠間観光協会長、川上常陸農業協同組合代表理事会長、稲野辺同専務、
にご出席頂きました。地元の飲食のみなさんも

多数ご参加頂き、真冬の夜の寒さをご参加のみなさんの
熱気で吹き飛ばしました。それにしてもみなさん、余りの寒さに童心の様な

鼻水顔の一夜でした。大変ご多忙なみなさま、ご出席頂き、たくさんの
応援の言葉を頂き、御礼申し上げます。

スタートしたばかりの協議会ですが、厚く御礼申し上げますと共に、
何卒、ご指導の程お願い申し上げます。





2014年12月14日(日)

日本の酒と文化を守る会忘年会

恒例の忘年会が開催されました。各蔵がスピーチで駄洒落を
言わなければならないと事が難事業です。

今回は長年温めていた、「清酒のユネスコ無形文化遺産」登録を
提案しました。大変な賛同を頂き、古くからお付き合いのある方や、

監寺、大学学長等々、様々な方からご声援を頂きました。

 
鳳楽師匠                       村田会長と鳳楽師匠


東京芸大の宮田学長

粛々と進めて行きます。落語は「死神」、「味噌蔵」、やはり
味わい深い演目でした。乾杯のご発声は東京芸大の

宮田学長。流石に、すばらしいスピーチと乾杯でした。
今回の商品は

純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々

みなさまに感謝。





2014年12月10日(水)

関東信越国税局主催
Sakeシンポジウム

上記シンポジュウムが開催されました。国税局と産業経済局の垣根を越えた
初のシンポジュウムです。川上国税局長、安藤経済産業局長が

タッグを組んだすばらしいシンポジュウムでした。僭越にも講演を仰せつかり、
「日本の本質的価値のすばらしさ -日本の楽しさ -」と言う

訳の分からないタイトルで話しをさせて頂きました。と言うよりも講演と言う
内容までにならない話しでしたが、日本酒の歴史的価値、品質的本質的価値、

その国際的評価と日本酒のユネスコ無形文化遺産登録を訴えました。

 

  
司会の方も国税局と産業経済局のタッグ                              


演者はマスターオブワインを日本人で初めて取るであろう大橋健一氏、
料理学校の梅田昌功氏、宮坂醸造の宮坂氏、陶器の伊藤氏、

小生の5名、コーディネーターは三宅曜子先生。国税局のみなさま、
経済産業局のみなさま、三宅先生に大変お世話になりました。

みなさまに感謝。






2014年11月22日(土)

第一回 乾杯条例全国サミット開催


京都市の「みやこメッセ」で乾杯条例サミットが開催されました。
前夜は門川京都市長ともお話しさせて頂きました。すばらしい方です。

発端は昨年、月の桂の増田さんに笠間市も乾杯条例を制定するので、
制定したら全国サミットを開催しましょうと話したことが発端でした。

とある団体にお願いしたと依頼すると、「連絡してみよか」と言って頂いたのですが、
フェード・アウトしてしまいました。

同時に佐賀県を始めとする条例制定自治体の酒蔵にも全国サミット開催の話を
知り合いの酒蔵に連絡し、折角、京都が初めて乾杯条例を制定したので、
第一回目の全国サミットは京都で行いたいと増田さん始め、みなさんに連絡、

最終的に京都市開催で一件落着、まずは何よりでした。

 特に、昨年の条例制定は各自治体で其々制定され、その機運が高まって来ましたが、
その殆どが制定したままで、極めて残念な事でした。全国的な纏まりの気運が

無い中、折角、制定した条例の活性化と有機的、効果的な結合にしたいと
全国サミット開催を更に、様々な方にお願いし、今回の開催の運びとなりました。

ご来場のお客様は第一部が2000名様、第二部が2500名様、
計4500名様と大盛況でした。持参したお酒は即座に完売、大盛況でした。

  

 

 

この機運を全国的に展開して行きたいと思っています。
笠間市では来る12月19日(金)にインター・ネットTVを使って、全国、世界

同時乾杯を行います。これは唯単に乾杯しようと言う事ではなく、
乾杯の本来の意味と、ニッポンを見ようというものです。

是非、一人でも多くのみなさまのご参加をお待ちしております。
詳しくは10月18日のブログをご覧頂ければ幸いです。

 唯、酒蔵ツーリズムという言葉が商標登録されていたとは知らず、驚きました。最も、
登録された団体の方からは使用する旨の連絡をすれば、無償で使わせて

頂けるそうです。
実際、どのように登録されているか、確認したいと思います。

水戸市、石岡市のみなさま、ありがとうございました。
大盛況、大成功の全国サミットでした。みなさま、お疲れ様でした。
感謝。





2014年10月18日(土)

笠間市乾杯条例一周年記念イベントを開催します。

来る12月19日(金)午後5時より、笠間稲荷神社に於いて、
笠間乾杯条例一周年記念イベントを開催します。

http://www.pref.ibaraki.jp/topics/event/20141113_01/index.html へのリンク

先着500名様に、笠間4蔵、其々一盃ずつのフリー・ドリンクと
ぐい飲みを一つ差し上げます。





2014年10月24日(金)


渋谷の円山町にある   さんで、弊社の商品精米歩合45%まで
楽しんで頂きました。一社の商品だけを愛でる会で

みなさまのお蔭でたのしませて頂きました。




2014年10月18日(土)

九州燗酒の会

ホテル・オークラ福岡で燗酒の会が開催されました。



大入り満員の大盛況。当然、燗酒、温度計ではなく、目で見た
温度で燗を付けます。

最初の乾杯は温く、付けました。これが大好評だった様で、
お客様が殺到しました。

燗で更に生きるお酒、日本酒のおもしろさですね。
入江さん、みなさんに感謝。

宮崎から駆け付けてくれた松さん、いつもありがとうございます。
感謝。





2014年9月20日(土)

ぶらり途中下車の旅

日テレ、朝9時25分から上記番組で放送されました
いらしたのは 「なぎら健壱」さん、なぎらさんとの事前の

打ち合わせは無し。日テレさんとの打ち合わせは
事前にあったものの、なぎらさんとの打ち合わせが

なかったのは新鮮で面白かったです。自分で作った
ぐい呑みまで出てしまい、冷や汗でした。

NHKカルチャーの日本酒講座を受講して頂いている

みなさんと笠間焼を作る体験の時に作ったぐい呑み
でした。いやー、参りました。(^_^;)(^^ゞ

弊社の生酛純米大吟醸酒を飲みたいと思って
作ったものでした。

最後にご案内した永遠の0ゼロのロケ地、
筑波海軍航空隊記念館までの地図が大受け。

地図は書いている振りをしてくださいと言われたのですが、
所詮、素人、簡単にでも書いた方が良いと

思って書いたラフな地図が大きくアップされ、大受けでした。
 それにしてもなぎらさんの笑いのツボは

流石でした。なぎらさんありがとうございました。
みなさまに感謝。





?


2014年9月15日(火)

筑波海軍航空隊記念館

第二次大戦時の海軍航空隊の訓練基地の記念館が弊社の近くに
あります。子供の頃に母から何度かその話を聞いていました。 

記念館に何回か足を運んでいたのですが、その母が行って見たいと
言うので、一緒に行って来ました。

母は「とても気の毒で見ていられない」と言っていました。二枚羽の練習機を
何度も見ていたそうです。その練習機を敵機が追い掛け、

撃墜され、近隣に墜落したそうです。当時、祖父が村長をしていた為、
その確認に行かなければならず、確認に行くと、若い青年が

操縦桿を握ったまま、亡くなっていたそうです。祖父も悲痛な面持ちで帰宅した
そうで、当時、戦争を体験した方にとっては我々の想像を

超えた重さがあります。訓練中に亡くなった方の慰霊碑もあり、一度も
あった事の無い文通相手の展示もあり、この様な方々のお蔭で

今日があるのだとひしひしと感じます。来年3月まで開館しておりますので、
是非、お立ち寄り頂ければと思っています。





2014年8月13日(水)~15日(金)

お盆

お盆と言うとお盆休みと言うイメージがありますが、
お盆はご先祖様をお迎えする大切な

催し、毎年、ご先祖様をお迎えする大きなお棚を作り、
ご先祖様の位牌等をお棚に移し、お料理を

お供えしてお迎えします。其々地域によってお迎えは様々だと
思いますが、我が家は我が家に伝わる昔からの方法で

設え、お迎えします。少し大きめな設えの為、お棚はフォーク・
リフトで運んできます。今風と言えば今風な運び方

かもしれませんが、人力で運ぶにはやはり一苦労です。
お盆の間はご先祖様にゆっくりと過ごして頂くと

言う習いです。法具もきれいに磨き上げ、夕方に
お迎えに上がります。

この間仕事もあり、様々な行事、新盆と通常の仕事以上に
忙しいまま、いつの間にか、ご先祖様をお送りする日

を迎え、設えの片づけと共にお盆が開けます。
やはり、日本だな~と思います。

ご先祖様に感謝。





2014年8月10日(日)

東京湾大華火大会

と言いたいところですが、今回は台風の影響で中止に
なってしまいました。何と岸に係留したままの、



渓流宴会ではなく、係留大宴会になってしまいました。
そもそも、花火があれ、桜があっても、

殆ど見ていないので、あまり変わりないのですが、
名目上、今回は花火と言う訳にもいかず、

大宴会を認めた様なスタイルになってしまいました。
今回の参加蔵は獺祭の桜井さんと弊社、

獺祭さんからは言わずと知れた二割三分(精米歩合23%)、
弊社は精米歩合50%の

純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々 活性にごり
スパークリング

「おいしかった」と態々来て頂いたお客様もいらして、
感謝。

遠くは北海道、海外からもいらして頂いたお客様もいて、
台風を吹き飛ばす大盛況の宴会でした。

下船の頃には雨も上がり、ハレ男の面目躍如と言った
処でしょうか。





2014年7月22日(火)

「迫り来る日本経済の崩壊」

藤巻健史さんからと言うよりも、国会で活躍されている
藤巻先生から上記タイトルの最新著書を

ご恵送頂きました。藤巻さんらしくご丁寧な手紙が
添えられていて、その内容もユーモアに溢れながらも

明快な国会議員としての職責に溢れたお手紙でした。
手紙にもありましたが、国会質疑での

日銀の黒田総裁との一連の質疑はみなさまもよくご存知の事と
思います。とても平易に難しい話を噛み砕いて

書いています。金融の専門家でなくとも、気軽に読める本です。
最後が個人資産の構築にまで及んで

いて、流石は「伝説のディーラー」。
出版社は 幻冬舎 価格は1,080円(税込)です。





2014年7月20日(日)

福岡のイタリアン
サーラ・カリーナでマリアージュの会

久々に同店で弊社商品とのマリアージュの会を開催して頂きました。
みなさま食通の方ばかり、一日で昼と夜の二回も開催させて頂きました。

 

 

やはり、お料理とお酒のマリアージュは最高ですね。
こちらも大変楽しく過ごさせて頂きました。

みなさま、原田シェフに感謝。
三枝さん、ありがとうございました。





2014年6月28日(土)

震災復興改修工事

お陰様で、最終的震災復興改修工事に着手しました。
非常に大変ですが、

様々なみなさまのお力添えの下、何とか11月竣工に向け、
注力して参ります。

その間、ご不便をお掛け致しますが、何卒よろしく
お願い申し上げます。





2014年6月21日(土)

京都下賀茂茶寮本店

下賀茂茶寮様で「郷乃譽を体験する夕食会」を開催して頂きました。

 

 



京都の錚々たるお客様にお越し頂きました。お若い男性、女性のお客様から、
ご年配の輝くようなお客様まで、楽しい一夜限りのお料理とお酒とお客様との

出会いの場となりました。お陰様で、大変有り難い事に、ご予約が殺到した
様で、多くのお客様がキャンセル待ちになってしまい、大変なご迷惑を

お掛け致しました。申し訳ありませんでした。ご参加頂けなかったみなさまに
お詫び申し上げます。

多くの様々なみなさまのお力添えのお蔭で、この様な
すばらしい会を開催させて頂けました事は正に、造り手冥利に尽きます。

数百年来のスパークリング・活性にごり、

純米大吟醸酒 雪の舞 無濾過 

を始め、みなさまにお楽しみ頂きました。
ご参加頂きましたみなさま、下賀茂茶寮のみなさま始め、多くのみなさまに

感謝申し上げます。
副社長さん、専務さん、新谷さん、飯田さん大変お世話になりました。

御礼申し上げます。





2014年6月13日(金)

大原小学校の社会科見学

地元大原小学校2年生のみなさんが社会科見学に来ました。
鬱蒼とした杜の蔵の環境に驚いていました。木々の多さ、種類の多さに

目を丸くしていました。この近隣でも自然環境が失われつつあり、
どんどん木が伐採されています。その維持管理に

お金を要しますので、切ってしまった方が楽なのですが、昔、日本にあった
原風景がどんどん失われているのが残念です。木々はどれほど

多くの人々の成長を支えて来たか。人としての成長過程に於ける
様々な影響は計り知れません。

小学校生徒さんたちも思わずリラックスしたのでしょうか。
門をくぐった瞬間に顔が変わりました。

母屋に上がって頂き、弊社の話をさせて頂きましたが、初めての事ばかり、
目を丸くして聞き入って頂きました。付き添いに来て頂いた父兄の

みなさんは更に目を丸くしていたかも知れません。弊社商品の スパークリング
雪の舞、郷乃譽黒吟 の香りだけを嗅いで頂きました。

目を輝かせて、「果物みた~い !!」、「おいしいそう !!」、「のみたーい(勿論、
これはボツ)」、「大人になったら飲みたーい」。様々な元気な声が沢山

上がりました。弊社の酒粕クッキーも楽しんで頂きました。「おいしーい !」
の連発でした。非常にすばらしい生徒さんばかりでした。

質問・タ~イム、

何と全員が質問してくれました。一人で3回も質問してくれる生徒さんも
いて大いに盛り上がりました。元気に「ありがとうございました。」と

言う声を後に帰って行きました。
見送っていると姿が見えなくなるまで、「バイバーイ !!」と元気に手を

振ってくれました。


それに比べ、今の日本の食はどこに行ってしまったのでしょうか ?
「ニッポンてなんだろう ? 」

笠間市の乾杯条例は自分の足元再発見、
自分の幸せ探しです。





純米大吟醸酒 郷乃譽、山渡、花薫光 発売

今年2回目の上記商品が本日、蔵出しになりました。
各店様には早ければ明日、遅くとも明後日には到着予定です。

是非、この機会にお求め頂ければ幸いです。
どうぞよろしく、お願い致します。





2014年5月25日(日)

札幌燗酒の会

毎年恒例の上記会が開催されました。お陰様で、
須藤本家の熱烈な燗酒ファンの方々に来て頂きました。



従来は当社が郷乃譽黒吟、花薫光と言うイメージの方もいて、
改めて、当社が生酛、活性にごりを大切にして来た蔵で

ある事を知って頂く良い機会になりました。
感謝。





2014年5月24日(土)

郷乃譽札幌女子会


 

上記会を札幌の有志のみなさんが開催してくださいました。
何故か男子も雪崩れ込んだ女子会 ? 、と言うよりも超グルメ会の

みなさんで、大いに盛り上がりました。おいしいものを求めて、早朝に
家を出て、夕方のこの会に間に合う様に帰って来ることを厭わない

みなさんです。Yoshiさん、Konさん、みなさん、ありがとうございました。
Yoshiさんには受付、会計からお燗番まで、忙しい中、ありがとう

ございました。音楽も最高でした。





2014年5月18日(日)

ひたち海浜公園のネモフィラ



 
ネモフィラと菜の花

一大群生地です。





2014年5月16日(金)

鈴廣の鈴木社長の処で




小田原近海の海の幸を楽しませて頂きました。
勿論、鈴廣の蒲鉾もおいしく楽しませて頂きました。

みなさんすばらしい経営者のみなさまばかり。





2014年5月6日(火)

牡丹肌 ??



今年も見事な牡丹が咲きました。大輪ですが、
景色に溶け込んで、一色添えてくれています。

ニッポンはすばらしいなと思います。爽やかな色です。
自然のまま自生しているのはその土、気候が合って

いるのでしょうか。花弁が薄くて透き通るように繊細です。
もち肌ならぬ牡丹肌。

お酒の会で、よく肌がきれいですねと、特に、女性のお客様
からお酒ではなく、当方の肌を褒めて頂く事がありますが、

有り難い話ではありますが、オッチャン肌ではなく、お酒の事も
一寸触れて頂くと尚更有り難いなあと思っています。

肌は健康のバロメーター、品質の良い、近所の農家の方が
作っている美味しい野菜や地のもの、価格は安いのですが、

とてもおいしい産物や限りなく自然に近いお酒を
食べたり、飲んだりしている事が大切かと思います。

エネルギー・コストはダイエットの為の有酸素運動程度、
極めて省エネ型です。

日本はたべものが豊富に在り過ぎる位ありますが、
本当においしいものが、限りなく少なくなっている様に、

思えてなりません。
商品、製品開発も新しいものばかり、何とも落ち着きの

ない、品質とは切り離された環境になってしまい、
本当においしいものに出会う機会が少なくなっています。

名物に上手いものなしとはよく言ったもので、
量が豊富なものはたくさんありますが、本当にこのままで

いいのかなと思ってしまいます。
みなさーん、おいしいものを食べて牡丹肌???になりましょう。





2014年5月10日(土)~11日(日)

そごう西武船橋店で試飲会開催

今日明日の二日間、そごう西武船橋店で試飲会が開催されます。
是非、蔵元直送の味わいをお楽しみください。

生酒を日本で最初に出した蔵、一番蔵ならではの品質を
お楽しみ頂ければ幸いです。

みなさまのお越しをお待ちしております。





2014年5月3日(土)

アド街

TV地デジ7チャンネルのアド街で笠間市が紹介されました。
乾杯条例の笠間焼、笠間4蔵も紹介して頂きました。

笠間市の乾杯条例は「地元の良さ再発見」がテーマです。
笠間マイ猪口倶楽部では猪口、ぐい飲みを入れる巾着も

紹介頂きました。中々乙なもので、日本の粋が凝縮されています。
卓球中継の延長で放映時間が大分遅くなってしまいましたが、

良い機会になりました。
因みに、第1位は伝統ある笠間稲荷神社でした。

奥の拝殿の彫刻は夙に有名で見ごたえのある立派な
ものです。是非、一度ご覧ください。

感謝。





2014年4月30日(水)

NHKいばらナイト

地デジNHK「いばらナイト」で第33回陶炎祭が生中継されました。



乾杯条例のイベント「笠間マイ猪口倶楽部」も取材して頂きました。
乾杯条例は「地元の良さ再発見」、地元にはすばらしいものが

そこ此処に散りばめられています。そのすばらしさ、楽しさ、美味しさを
見つめ直して頂く運動です。従来の地産地消とは異なり、地域本来の姿を

様々なみなさまに体感頂く事が出来ればと思っています。
笠間マイ猪口倶楽部のブースではお好きな猪口を選んで頂ければ、

それに合った日本酒を選ばせて頂いたり、お好きな日本酒が
あれば、それに合った猪口を選ばせて頂きました。

みなさん、事前のリハーサルもすばらしく、ひょっとして
プロの方々と見紛う撮影でした。

みなさま、大変お世話になりました。





2014年4月29日(火)

第33回 陶炎祭(ひまつり)

今日から5月7日(月)まで、笠間市工芸の丘を会場に
開催される陶器市を発端とする笠間の春の祭りです。

 
笠間焼協同組合 川野輪理事長                   橋本知事      

  

今年は川野輪理事長のお力添えでマイ猪口倶楽部のブースを設けて頂き、
猪口と猪口を入れる巾着、笠間4蔵の地酒がコラボした

 

たのしい、遊び満載のブースができました。笠間焼のぐい飲み、猪口、巾着を
真ん中に、四隅に各蔵を配したブースで、器を買って頂いた方は

4蔵のお酒が無料で飲めます。
開催と共にお客様が殺到し、大混乱となりましたが、若い女性の方から、

ご年配の方まで、楽しいマイ猪口選びとなりました。





2014年4月19日(土)

茨城の地酒 新酒をきく会

茨城県酒造組合が主催する上記会が水戸京成ホテルで開催されまた。
県内各蔵が一堂に会し、持ち寄った新酒を楽しんで、

頂く、毎年恒例のイベントです。

新米新酒 郷乃譽(純米吟醸酒) 無濾過・生々

を中心に楽しんで頂きました。
全く炭素を使用していない商品で、澱下げ(炭素をタンクの中に入れて撹拌し、
凝固剤で固めて沈降させて雑味を取る
)もしていない、非常にバランスの

良い商品です。やは、生まれたままの商品は体に自然で、
正に、染み渡る様な味わいです。





2014年4月13日(日)

純米酒フェスティバル2014

都内ベルサール・ファーストで上記会が開催されました。
二部構成で開催されました。

何れも満員御礼。弊社は

霞 山 無濾過
山桜桃 無濾過・生々
郷乃譽(黒吟)無濾過・生々
生酛純米吟醸酒 郷乃譽・無濾過

を出させて頂きました。其々個性あるお酒、みなさんに楽しんで
頂く事が出来ました。

感謝。





2014年4月9日(木)

笠間陶炎祭(ひまつり)、乾杯条例のPR

来る今月29日(火)から開催される陶炎祭のPRに茨城県知事、
茨城県庁にPRに行って来ました。



水戸市でも乾杯条例が3月に可決成立、石岡市も3月に可決成立しました。
水戸市商工会からは協議会の設立に向けた情報提供の依頼を

受け、笠間市で行ってきました規約等諸々の情報提供をさせて
頂きました。是非、少しでも多くの自治体で、本来の日本酒の姿をお客様に

お届け出来るようになればと思っております。
今秋には全国サミットを開催します。少しでも多くの自治体で条例が可決成立し、

日本の素晴らしさをお届け出来るようになりたいと思っております。
みなさま、お力添えの程お願い致します。

今年の陶炎祭では弊社も笠間市の酒蔵、笠間焼協同組合様と共に
ブースを陶炎祭本部前に出しますので、是非、お立ち寄りください。

みなさまのご来場をお待ちしております。





2014年4月6日(日)

風流花見の宴

 

毎年恒例の上記会が開催されました。
お陰様で、晴天に恵まれ、すばらしい花見の宴になりました。

櫻正宗、室町酒造、弊社がお招きを頂きました。
弊社は

純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々

を出させて頂きました。
桜揃いの日本酒の会、勿論、乾杯は日本酒。

約4時間のたのしい風雅なひと時でした。最も、桜を見ていたのは
最初の10分ぐらい、後はいつもの通り、米の雫の桜に酔い

しれました。みなさま、ありがとうございました。
感謝。





2014年3月14日(金)

外務省海外赴任前研修

外務省で海外赴任前の外交官のみなさまを対象にした
赴任前研修で、日本酒講座を担当させて頂きました。



お世話になりましたみなさまに御礼申し上げます。
感謝。





2014年3月11日(火)


福島からツアーのお客様

3月11日の今日、福島から多くのお客様がお越しくださいました。
福島も多大な被害を受けいる中、エールを届ける為に、

お越しくださいました。みなさま、大変なご苦労をされていて、
弊社も多大な被害のまま、遅々として中々進んでおりませんが、

暖かなご支援、痛み入ります。厚く御礼申し上げます。
笠間市内で昼食を召し上がって頂き、笠間工芸の丘、

茨城県立陶芸美術館、フラワーパーク、那珂湊経由で
戻られました。

みなさま、ありがとうございました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.11

3年前の今日、誰もがこの世の出来事かと思います。
様々なみなさまがどれ程大変な思いをされて来た事か、

あまりにも大きな爪痕が今も深く残っています。
その時、私も外出していて、会社から15kmの処にいましたが、

一番心配したのは社員の事でした。
道路の全信号が消えている中、大渋滞の中、やっと帰社。

帰社すると社員が全員屋外に出ていて、ほっとする中、社員には
取り急ぎ、帰宅して、家族の安否確認を優先する様にお願いし、

子供さんが幼稚園や小学校に行っている方は学校に向かうと共に、
家族と連絡を取って、会社に一報を入れる様にお願いしました。

蔵内外の安全確認、電源確認、急に復旧した時に、問題ないか、
火災になる可能性は無いか、確認、蔵人さんには安全確認後、

中に入って頂き、待機をお願いしました。連絡が取れない社員は
専務と共に手分けして一軒一軒社員宅を訪問し、安否確認を、

安全上避難所に身を寄せた社員もいたので避難所を探しました。
避難先をやっと見つけても、避難している方々が余りにも

多く、中々確認できませんでした。避難所から避難所へ移動した
社員家族もいて、次に、避難所を訪れた時は、何処に行った

のか分からず、探すのが大変だった事もありました。深夜まで捜し
歩きましたが、真っ暗。電池も手に入れる事が出来ない中、やっと

社員と家族に会えた時は安堵でいっぱいでした。
弊社もまだ、建物の復旧はまだまだですが、社員とその家族が

無事で居てくれた事が不幸中の幸いでした。もっともっと大変な
方々が沢山いらっしゃる中、大変ですが、少しでも

多くのみなさまが元気になって頂く事を切に願って止みません。






2014年2月11日(火)

ショコラ

今年は新たに生チョコが加わりました。

  

生チョコは純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過 を練り込んだ木目細やかな
柔らかな味わいのドゥルセ、カカオの味わいと共に

すばらしい味わいです。郷乃譽黒吟と超甘口を練り込んだ2種類の
ショコラも更においしさを増し、ヨーロッパのみなさまにも高い評価を

頂きました。特に、ショコラとクッキーに一家言持つ国のみなさまに
高い評価を頂きました事は大変有り難い事です。

生チョコは必ず冷蔵管理でお願いします。他方、写真右側のショコラは
冷蔵を嫌いますので、必ず、常温管理でお願い致します。

弊社の日本酒と共にお楽しみ頂くとより一層おいしく頂けると思います。





2014年2月8日(土)

大雪

 

みなさん、大雪、大丈夫でしたか。
敷地内は木があるお蔭で、それ程雪が積もりませんでしたが、

道路は大わらわ、除雪が無い地域なので、車はお腹を擦りながら
走る程の雪です。





2014年2月6日(木)



梅の木の古木に雪の花が咲きました。
雪の後の卸し風が寒いです。





2014年2月3日(月)

立春大祭今朝しぼり生酒

立春の朝(2月4日)朝に搾ったそのままの生原酒を須藤家の社に献上し、
みなさまの無病息災、家内安全、社内安全、開運を祈願し、

柏手の後、下げてから、直会同様、みなさまにお届けする商品です。
以前は蔵内の神事として行われてきましたが、

みなさまに是非、その代々続いて来た厄除けのお酒をお分けしたいと
蔵出しして来た商品です。是非、みなさま共々ご一緒に

よい運気を迎えたいと思います。明日を
楽しみにしていてください。





2014年正月8日(水)

千鳥会

茨城新聞社主催、千鳥会が開催されました。茨城県の政財官界の
みなさんが一堂に会する賀詞交歓会です。今年も立錐の余地が

無いほどの会合になりました。みなさん、お忙しい方ばかり、中々、
調整が付かない中、この日にみなさまにご挨拶させて頂けるのは

有り難い限りです。今年もどうぞよろしくお願い致します。






2014年正月6日(月)

笠間市賀詞交歓会

恒例の賀詞交歓会が開催されました
笠間の地酒を鏡開きして、笠間焼きで乾杯して頂きました。

昨年12月19日に可決成立施行された乾杯条例がこの様な形で
具現化され、海外のみなさまにとっても、より良き日本の食文化の

一端を見て頂けたのではないかと思っております。
「乾杯」が本来の姿に戻りました。日本の文化を更により良い形で

後世に伝えて参りたいと思っております。海外出張に行くたびに
日本の文化はすばらしいと思います。お箸、マナー、

所作、仕来たり、精神性、先日も海外のTVの取材がありましたが、
日本の様々な文化に大変深い興味を持っています。日本人自身が

忘れかけている日本の文化、大切にしたいと思います。古い歴史ある
国、ニッポン、真の姿は今、何処にあるのでしょうか。明確な姿を届けて

参りたいと思います。余談ですが、光栄にも、酒蔵を代表して、
鏡開きに加えて頂きました。代表ではなく、出して頂けるのであれば、

全蔵でとお願いしたのですが、人数の都合で代表になってしまいました。
笠間市の法被が足りなく、自前でと言う事で何やら宣伝めいた

姿になってしまいました。汗顔の至りです。様々なみなさまに
大変お世話になりました。御礼申し上げます。





2014年正月1日壬申(水)

あけましておめでとうございます

昨年も数多くのみなさまに大変お世話になりまして、誠に、
ありがとうございました。

本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

田舎なので、正月ならではの決め事があって、久し振りに
和装で白足袋姿、何故か、洋服よりも体に馴染む様に

思います。お迎えしている神棚にお供えしてあったお酒を下げさせて
頂き、蔵人共々初春の直会を行いました。

お酒は勿論、

雪の舞 活性にごり 無濾過・生々

2007年には市販酒で Internaional Wine Challenge で Silver Prize
獲得した当家伝来の逸品です。

お銚子から注ぐ瞬間、何とも言えない一瞬のお酒の出方から
お酒の状態を知ることが出来ます。

緊張する一瞬でもありま、ほっとする一瞬でもあります。
みなさまのご多幸とご健勝を祈念申し上げます。





2013年12月31日(日)

今年も一年間ありがとうございました。

今年も一年間、みなさまに大変お世話になりまして、
ありがとうございました。

お陰様で、仕込みも順調に進んでいます。
年明け、早々に 山桜桃のあらばしりも 蔵出しになります。

どうぞより良き初春をお迎えください。みなさまのご多幸とご健勝を
祈念申し上げます。





2013年12月25日(水)

新米新酒が順次発売になります。


椙玉を掲げました

12/25 郷乃譽 新米新酒初しぼり 無濾過・生々
12/26 郷乃譽 活性にごり 無濾過・生々
12/28 雪の舞 活性にごり 無濾過・生々

冷房設備はあるのですが、外気温が下がってからの仕込みに拘っています。
その方がやはりおいしいです。

米は収穫後3~4ヶ月以内の新米に限定して仕込んでいます。2等米、3等米、
古米等は使用しておりません。原料米に付いてはいち早く拘りを持って

仕込んで参りました。30年来、米に対する取り組みを行って
参りました。様々な考え方がありますが、新酒は新米、それも、3~4ヶ月内の

米が良い様に思えてなりません。今年は様々なみなさまのお力添えで、
更なる取り組みを行う事が出来ました。このお力をお酒に込めて

醸しました。お陰様で、昨年にも増して良いお酒になりました。
是非、新米新酒ならではの質感のある味わいをお楽しみ頂ければ幸いです。





2013年12月21日(土)

大相撲笠間場所を成功させる会
東関部屋交流会

笠間市のパークスガーデンで開催されました上記会に茨城中央農協の
川上理事長のご配慮で、12月19日(木)に成立施行された乾杯条例



お披露目の機会を頂きました。笠間市長、同市議会のみなさま、同産業経済委員会
小磯委員長、同飯村副委員長、同小薗江議長、笠間市議会笠間稲荷の

塙宮司様始め、茨城中央農協の川上理事長、笠間市商工会の上野会長、
笠間観光協会の増渕会長、ご列席の下、早速、笠間市4蔵の日本酒を

笠間焼の器で乾杯しました。力士のみなさまも笠間焼で飲む美味しさに
盃が進みました。元高見盛等々、流石にみなさま、繊細な味わいを堪能

して頂きました。あっと言う間にボトルが空になって行きました。
締めは笠間観光協会会長の増渕会長の手締めで大盛況の内に

お開きとなりました。早速、乾杯条例の新しい門出になりました。
川上理事長始め、関係各位のみなさまに厚く御礼申し上げます。

感謝。





2013年12月19日(木)

「笠間市地酒を笠間焼で乾杯する条例」可決成立施行

上記条例が今日の笠間市議会定例会に於きまして、委員会上程で
可決成立施行されました。

 

笠間市長始め、笠間市議会のみなさま、笠間市商工観光課のみなさまの
多大なるご尽力によるものです。御礼申し上げます。また、署名活動にご協力

頂きましたみなさまに厚く御礼申し上げます。
後援は笠間稲荷神社、茨城中央農協、笠間市商工会、笠間観光協会、

笠間焼協同組合の各団体様です。顧問は笠間稲荷神社の塙宮司様。
茨城中央農協理事長、商工会長、観光協会長の

みなさまがご多忙の中、自ら傍聴にまでお越し頂きました。
笠間市が一丸となっての上程であったからこそ、初めて成し得た条例です。

関係各位のみなさまの多大なるご尽力に厚く御礼申し上げます。
思えば、2012年4月13日(金)内閣府の国家戦略室に呼んで頂き、

当時の古川大臣に、僭越ながらご進講申し上げる機会を賜ったのが
切っ掛けです。昨年末、京都市が乾杯条例を可決設立したのを

皮切りに佐賀市、佐賀県を初めとして、昨日は栃木県が可決成立、
本日は笠間市が目出度く、可決設立の運びとなりました。

笠間市の乾杯条例は単なる乾杯条例ではなく、地域の振興と活性化、
本来の地産地消、6次化、観光、情操教育、地域の伝承まで、

お酒の纏わる広範な拘わりを地域のみなさま、観光等々でお越し頂いた
みなさまにお伝えし、全国のみなさまにもそのすばらしさ、価値を

をお伝えして行く為のものです。いつのまにか、日本酒(清酒)と言う
醸造酒で乾杯する意味がどこかに行ってしまいましたが、海外で

仕事をすればするほど、その意味と大切さを痛感しています。
和食が世界文化遺産になりましたが、日本酒は更に長い技術的確立

過程があります。日本の様々な伝統技術はすばらしい価値が
あります。海外ではよく日本の事を聞かれます。過日、フランスからのTVの

取材も同様でした。日本人が忘れてしまったと思われているもの、
或いは、それ程価値を見出していないだろうと思われる事に

話が集中します。かなり深い日本のDNAの話です。
日本の箸がきちんと使える事が海外に於ける大切なマナーの一つ。

醸造酒である日本酒を語れればエリートの証と言えるかも知れません。
大いに日本酒を語りましょう。

乾杯。

みなさまに感謝申し上げます。





2013年12月8日(日)

日本の酒と食の文化を守る会

毎年恒例の上記会が開催されました。毎年大賑わい、うれしい
悲鳴ですが、大変な事は全国38蔵全員が舞台で駄洒落を


鳳楽師匠「鼠穴」
言わなければならないと言う事です。上手く受けを取れればよいのですが、
取れなければ、「シーン」としてしまうと言う、何とも酷な一瞬です。

 
                                 なでしこジャパン佐々木監督と山桜桃で乾杯
今回は

山桜桃 無濾過・生々(純米大吟醸酒)

です。ローソンの新浪社長等々多くの方にも山桜桃を美味しいと
召し上がって、頂きました。





2013年11月29日(金)~12月2日(日)

成田第二ターミナル國酒キャンペーン

上記イベントに参加させて頂いております。
場所はイミグレーションを抜けた左側にある全日空免税店の

向かい側階段の両サイドです。
是非、お立ち寄りください。

商品は

郷乃譽 純米吟醸酒(黒吟)無濾過
霞山(純米吟醸酒)無濾過

です。お越しをお待ちしております。





2013年11月16~17日(土~日)

JAふれあい祭り

笠間市工芸の丘で開催された上記会で「乾杯条例」の
署名活動を行わせて頂き、みなさまから、

沢山の署名ご協力を頂きました。
JA茨城中央のみなさまはじめ、多くのみなさまに

お力添えを頂きました。御礼申し上げます。





2013年11月15日(金)

茨城県人会のみなさま

元NHKの海老沢会長はじめ、多くのみなさまにご来社
頂きました。日本三大稲荷の笠間稲荷神社にも詣で、

弊社にお越し頂きました。笠間市の魅力を多少なりとも
お伝えできたのではないかと思っております。

みなさま、ご多忙の中、ありがとうございました。
感謝。





2013年11月7日(木)

笠間アグリビジネスネットワーク
「秋の食彩フェア」

 



笠間アグリビジネス・ネットワーク、笠間市主催の上記会が
笠間稲荷神社稲光閣で開催されました。

改めて、笠間の様々な食材、飲食ビジネス、6次化等、
楽しませて頂きました。弊社の商品郷乃譽を使って頂いた

レストラン、パティシィエのみなさんからすばらしい商品を
提供頂きました。みなさま、ありがとうございました。

感謝。

2013年10月30日(水)

永楽倶楽部

永田町の同倶楽部で開催された笠間市のPR事業に市長共々
参加させて頂きました。ご参加頂いたお客様はすばらしい

方々ばかり、楽しく過ごさせて頂きました。 勿論、笠間焼もPR。

 





2013年10月28日(月)

お手製の菊

近所の島田さんが毎年丹精込めて作った菊を持って来てくれます。
今年も見事な大輪の花を付けました。







2013年10月11日(金)~14(月)

笠間浪漫(旧匠のまつり)

上記期間出店しています。ブースNo.43です。
発売40周年記念の「冷おろし」が大好評です。是非、



お立ち寄りください。
オープニングは樽酒を笠間焼で乾杯。

本部ステージ前には
「笠間の地酒で乾杯 - 笠間焼で飲みくらっぺ -」

ブースも展開中です。
茨城県でも、ここ笠間でも乾杯条例化推進しています。

単なる笠間の地酒で乾杯ではなく、地域の活性化、農業、教育、郷土、



治安等々様々な地域における特色的要素を取り込んだ地域社会への
様々な効果を盛り込んだ条例の制定化に向けた取り組みを行っています。

みなさま、応援の程どうぞよろしくお願いします。





2013年10月4日(金)

明日10月5日(土)茨城マルシェ試飲会開催

上記の通り、銀座1丁目の茨城マルシェで弊社の試飲会を
開催致します。弊社社員がお迎えしておりますので、

是非、お立ち寄り頂ければ幸いです。みなさまのお越しを
お待ちしております。

丁度、首都高西銀座JCTの真下の処です。




2013年9月26日(木)

郷乃譽 冷おろし発売

お待たせしました。やっと弊社の冷おろしが発売になりました。
本日の日経新聞の地方版で、取り上げて頂きましたが、

生酒の冷おろしです。弊社が冷おろしを出したのは昭和48年(1973年)でした。
今回は冷おろし発売40周年目になります。3年前までは

一回火入れで貯蔵した純米吟醸酒を1アイテムだけ、冷やでそれ以外は
完全な生酒でお届けしておりましたが、40周年目からは江戸時代の

秋酒に因んで、冷おろしの商品は全て江戸時代と同様(一部一回火入貯蔵の
冷や出しもあった様ですが)生酒を夏越しさせるという、

縁起物にも文かって、完全な生酒の冷おろしで粗アイテム、蔵出しして
参ります。明日からは霞山、生酛、純米大吟醸酒も順次蔵出しになります。

夏越しの秋ならではの繊細な味わいをご堪能頂ければ幸いです。
管理は必ず、冷蔵庫でお願い致します。





2013年9月23日(月)

同じ様な考え方

これまで、本質的価値の重要性に付いて、様々な処でお話しを
させて頂いた事がありましたが、今日付の日経、経済教室で

殆ど同じような事を考えてる方がいて、世の中、やはり、同じ様な
考え方をする方がいらっしゃるんだなあと、改めて、感慨深い

ものがありました。片や。大学の先生ですので、小職とは次元が
全く異なりますが、同感で、光栄です。

従来はこの様な流れがあったのですが、特に、戦後でしょうか、
見失われてしまった様に思えます。

今の我が国の消費市場は機能的価値ばかりににウエイトが置かれる様に
なってしましい、本質的価値が見失われている様に

思えてなりません。海外のお客様から異口同音に聞こえてくるのは
正に、この点です。「日本が心配」と仰る方も多く、

本質的価値の追求の中で泰然自若たる市場構築が
表象的CSRよりも重要に思えてなりません。CSRも同じ様な流れが

出来てきているのかも知れません。
我々の業界ではやはり本質的価値を生む、本質的な造りが

重要で、水から、土から、米から酒に至る、或いは、その根源的
役割を果たしている森林資源等の環境も踏まえた役割が求められて

いる様に思えます。大分前に、同じ事を書かせて頂いた事が
ありましたが、戦後、日本は大きな落し物をしてしまった様に思えて

なりません。これからも本当のおいしさを追及して参りたいと
思っております。どうぞよろしくお願い致します。





2013年9月19日(木)

筑波山の名月と吟醸酒を楽しむ会

すばらしい中秋の名月、そして、満月の下、上記会が筑波山山頂にある
筑波山京成ホテルで開催されました。筑波山から見る満月はすばらしい輝きでした。

眼下にはつくば市内の夜景がとてもきれいで至福のひと時でした。
今年も支配人の設えが群を抜いて、満月に相応しい遊びの空間でした。



 

今回は丁度お燗に良い気温、燗酒も楽しんで頂きました。燗付けをすると、
みなさま驚きの発見をして頂いた様で、そのおいしさに舌鼓を

うっていました。今回は 純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々、
純米吟醸酒 霞山 無濾過・火入 の2種類を燗付けしました。

冷酒では 山桜桃、郷乃譽(黒吟)を楽しんで頂きました。
燗もよし、冷も、冷酒もまた格別な季節になりました。

是非、おいしい日本酒をお楽しみ頂ければ幸いです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三菱商事特別顧問

諸橋晋六様お別れの会

上記会が開催されました。諸橋特別顧問からは様々な事を
学ばせて頂きした。頂きました本の中には諸橋特別顧問らしい

深い珠玉の言葉が散りばめられていました。とても気さくな方で
よくお声掛けを頂きました。前回は誕生日のお祝いの会に

呼んで頂いたのが、最後お会いした時でした。その時も大変お元気だったので、
まさか、この様になるとは夢にも思いませんでした。この様な事を申し上げると

お叱りを頂戴するかも知れませんが、べらんめーで厳しい、暖かな親父の様な
方でした。お会いするといつも 「どうだい ? 」 とお声掛けを頂きました。

特別顧問と言うよりも、諸橋さんに感謝申し上げますと共に、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。





2013年9月9日(火)

ジェイアール名古屋髙島屋試飲会

上記会が名古屋髙島屋様和洋酒売場のリニューアルを機に
開催されます。粗、弊社の全商品が一堂に会します。

開催期間:2013年9月11日(水)~17日(火)

この機会にぜひ、ご来場頂ければ幸いです。私も11日(水)18時から
バー・カウンターに立つ予定です。弊社、女性ソムリエも

店頭でお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

http://http://www.jr-takashimaya.co.jp/gourmet/c-1860.html へのリンク
上記リンクの一番下のリストをご覧頂ければ幸いです。

みなさまのお越しをお待ちしております。



2013年8月21日(水)

フランスからお客様

ここの処様々なお客様が国内外からお見えになっていますが、
今日も大変すばらしい方がお見えになりました。

唯、日本に来るたびに、日本が心配になるとの事でした。
日本の精神、文化はどうなってしまうのだろうか。

食べ物も、勿論、飲物もおいしいものが無くなっている。日本人の
健康、精神性等々大切なものが来るたびに失われていっている。

お酒でも○○が流行ったかと思えば、今度は、○○と言うのが
流行っている。自分の味覚が無くなっていると危惧していました。

確かに、日本は年々みんなと同じものを食べたり、飲んだりする処を
拠り所にする傾向が強くなっているのかも知れません。

おいしいから食べたり、飲んだりではなく、流行っているから、
雑誌に出ているからと言う傾向が、今までよりも強くなっている

かも知れません。日本ではゆるきゃらが何故あれ程人気なのか
理解できないそうです。日本は何か違う線路を歩きだしているのかも

知れません。日本をもっと誇りに思ってしっかりとした歩みをして行く
事が日本の再生に繋がって行く様にも思えます。

ニッポンの原点をよく見る事が大切なのかも知れません。
お客様に感謝。





2013年8月10日(土)

東京湾大華火大会

日本の食の文化を語る会恒例、上記大会を屋形船で
愛でてきました。天気は快晴と言うよりも酷暑。

駅から乗船場所に着く頃には浴衣がおしぼり状態、
拭いても拭いても汗が滴り落ちます。

 

今年の花火大会は風の強さも丁度良く、きれいに花火の
大輪を見る事ができました。

 

今回の商品は

純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々

です。参加蔵は千代むすびの千代むすび酒造、獺祭の旭酒造の
各社様と弊社です。

みなさま、ありがとうございました。





2013年8月6日(火)

パワー・スポット ?



この木材は欅の一番上部の枝分かれする部分です。
3.11の大震災とその後の突風で倒れてしまいましたが、

あと100年ちょっとで1,000年と言う巨木でした。
神主さんはご神木として取り扱う様にと仰っていました。

これ程の巨木が育つには土地が余程清麗で土地にパワーが
無いと、これ程まで大きく、長い年月を育たないそうです。

数百年来、清酒のみを醸してきた場所、清酒は神事、仏事で
使われて来た清麗なお供え物。清酒のみを醸して来たと言う

清い土地になっていると仰っていました。
神事、仏事で清酒以外は使えないとそうですが、それ程

清麗な飲物なのでしょう。これからもキリッと気持ちを
引き締めて、携わって参ります。

代々の先祖に感謝。





2013年8月2日(金)

近衛先生

今年、4月12日の日経朝刊の交遊抄に書かせて頂いた
近衛通隆先生の奥様からご丁寧な葉書を頂戴した。

今夏も先生にお酒をお送りさせて頂いたお礼の葉書きである。
先生がお好きなお酒の一つ

山桜桃 生々・無濾過

をご霊前にお願いした。
生前、奥様はいつも先生のお相伴されていらしたとの事。

先生がおいしそうに召し上がって頂いていた事をお聞きし、
多少はご恩返しをさせて頂く事が出来たのかな・・・、

或いは及第点を頂いたのかなとも思った次第です。
どうして私の様なものにお声掛けをして下さったのか分かりませんが、

若輩の私をいつも気に掛けて頂き、様々な事を教えて頂きました。
丁度、学生の頃で、この頃は様々な大先輩から勉強させて頂いた時期です。

アシックスの鬼塚喜八郎社長(当時)を始め本田技研工業の
本田宗一郎社長(当時)、木内信胤先生、YKKの吉田社長(当時)等々

の大先輩と毎月ご一緒させて頂いていました。特に、近衛先生には一方ならぬ
お世話になりました。お亡くなりになる3か月位前でしたか、

急に、先生にお会いしたくなり、連絡すると、喜んでお迎え頂き、
四方山話に花が咲きました。お元気そうだったので、一寸ほっとして

帰路に付きました。
今思うと、虫の知らせだったのでしょうか。残念でなりません。

交遊抄を奥様にも読んで頂き、「主人らしく、懐かしかった」と
仰って頂きました。恐らく、様々な多くのみなさまも同様だったと

思います。泰然自若たる方で、爽やかな千の風の様な方でした。
正に、我が国が誇る名家。すばらしいと思いました。

日本は日本をもっと誇りに思うべきだと思います。
感謝申し上げます。





2013年7月27日(土)

屋形船で郷乃譽と隅田川の花火を楽しむ会

屋形船を一艘お借りして、上記会を開催しました。隅田川の桜に
続いて、今年、2回目の屋形船です。

  

 

アンカーを打ってから、竜楽師匠の落語、ネタは勿論、酒に纏わる話、
それから、楽しみな酒宴、隅田川の花火と続いて

いたのですが、花火の途中で、ゲリラ豪雨、折角の花火が
途中で中止になってしまいました。

スマホで見ていると、強烈な雨雲が隅田川の方に向かって
いたので、心配していたのですが、案の定、豪雨、

船内は雨一つ掛からず、下船の時には雨も上がって
いたので、お客様も濡れることなく、お帰り頂けたのが、

何よりの幸いでした。

みなさま、足元の悪い中、ご参加頂きまして、誠に、
ありがとうございました。次回は、より一層楽しんで頂ける様、

豪雨が来ない様にしたいと思っています。
感謝。

2013年7月10日(水)

暑気払い

都内で参加させて頂いている勉強会の暑気払いが開催されました。
みなさん、超多忙な方ばかり、遅参の方もいる中、

ミシュラン二つ星のお店で賑やかに開催されました。
最近、思うのはこのミシュランの戦略性ばかりが目立ち過ぎて、

フレンチの振興等々はよく分かるのですが、もう少し、何とか
ならないものかと、思うこの頃です。

何時だったか、

大変失礼な言い方で、誠に、申し訳ないのですが、
とあるお店での事、

味付けが全般にそうだったのですが、これだったら、自分でも出来るのでは
ないかと、思わせるほど、味、香りの複雑さ、繊細さ、奥行きが微塵も

ないのです。正直、あまりの品質と金額の高さに愕然としてしまいました。
勿論、他のお客様はおいしい、流石は星付きレストランと喜んで

いらっしゃいましたが、・・・。或いは、自分の味覚が変なのかも
知れませんが・・・。

「食」全般にそうなのですが、経時的流れの中で味覚が大きく変化して
来ている様に思えます。30年位前に簡単な味覚の変化を調べた時にも

この様な変化が出始め、平成2年(1990年)頃からは特に大きな変化が
出始めている様です。勿論、そうで無い、すばらしい味覚を持った

ゴールデン・マウスとでも言うべき達人も沢山いらっしゃいます。
老若男女を問わず、素晴らしい方は素晴らしい味覚を

お持ちですが、この味覚の身体に対する影響も考えて行かなければ
ならない様に思えてなりません。

嘗て、かの有名なジャン・アンテルム・プリア・サバランが言った含蓄ある
言葉を思い出します。

「汝の食しているものを言え、されば汝が何たるかを当てよう」
「消化不良に苦しんだり、泥酔したりするものは、飲食の真髄を弁えていない」

等々、

耳の痛い処もありますが、お客様の為にほんものの美味しい味わい、文化を
お伝えして参りたいと思っています。みなさまのご教導をお願い致します。





2013年7月8日(月)

安倍総理が水戸で街頭演説

安倍総理が今回の参議院選の街頭演説に水戸に来られました。
宮崎から会社に戻ったのが、夜でしたので、残念ながら、拝聴する事が

出来ませんでしたが、演説内容で弊社を事例にTPPへの対応を
お話になったそうです。知り合いのみなさんからその連絡を

多々頂きましたが、直接、そのお話を聞けなかった事が、
残念でなりません。youtibeでその一部を

ご覧頂けます。肝心の ? 弊社の事例はご覧頂く事が
できませんが、その一部をご覧い頂けます。

http://www.youtube.com/watch?v=g7FP9zp9yYs へのリンク





2013年7月7日(日)

第16回 大吟醸を楽しむ会

今年も宮崎観光ホテルで上記会が開催されました。
今年も600名の前売り券が発売日当日に完売となった大人気の会です。

 

この壇上に立つと、弊社の熱烈な応援団の方がいて、
「よーっ、須藤」、「日本一」と大声援を頂きます。静まり返っている

会場に、突然、大きな声援、ちょー目立つこと、目立つこと、
本当に有り難い大声援です。その方とは年一回、この会で

お会いするのですが、いつも熱烈な応援を頂き、会場が
この一声で 「わーーっ」と、一気に盛り上がります。

個人としても、同会としても和んだ雰囲気の中、幕開けとなります。
いつも数えきれない多くのみなさまの大声援、スタッフのみなさまの

細やかな心遣いに感謝申し上げます。今年もありがとうございました。
来年、また、お会い致しましょう。

感謝。




2013年7月6日(土)

第16回 大吟醸を楽しむ会前夜祭

毎年恒例上記会の前夜祭が宮崎のフェニックス・オーシャン・リゾート・
シーガイアで開催されました。

 



三遊亭鳳楽師匠の落語に続いて、前夜祭t@
同ホテルの社長はじめ、役員のみなさま
ご参加の下、夜遅くまで楽しませて頂きました。





2013年7月5日(金)

茨城県人会

都内の椿山荘で上記会が開催されました。



弊社からは

山桜桃 純米大吟醸酒 無濾過・生々

を出させて頂きました。みなさま、大変お世話になりました。
感謝。





2013年7月2日(火)

笠間市長との行政懇談会

県経営者協会と笠間市長との上記会が茨城県陶芸美術館で
開催されました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

笠間アグリビジネス・ネットワーク協議会

大変僭越にも上記設立総会で講演をさせて頂きました。

 
笠間市長                                





2013年7月1日(月)

父の法要

中々日程の調整が付かず、本日、法要を行いました。





2013年6月27日(木)

早朝、6時半、日本着

パリのCDGから早朝着。この便は体力的に可也きつい。
そのまま会社に直行、午後からは茨城県酒造組合技術部会に

参加。フランスも異常気象で寒かったのですが、日本国内は
梅雨がどこかに行ってしまった様な天候でした。





2013年6月19日(水)

フランスへ

OECD代表部

 

  
OECD日本代表部吉川大使のスピーチ            500名様からの大パーティー
 
     BHV試飲会で、お酒がおいしいと大絶賛 !!        Grand Epiceriで試飲会。弊社商品もメニューに載せて頂いている。

ワイン・ヴティークで

26日、ギリギリまで仕事をして、CDGから。27日早朝6時半、日本着。
今回も大変慌ただしい出張になってしまいました。

みなさまに、大変お世話になりました。特に、大使ご夫妻には
お世話になりました。

感謝。







2013年6月18日(火)


乾杯SAKE学苑開校プレス発表会




台北市の西華大飯店で上記プレス発表が開催されました。
校長は平出淑恵氏、12蔵が参加して行われました。

秋田清酒、浦霞、出羽桜、桝田酒造店、車多酒造、加藤吉平商店、
泉橋酒造、関谷醸造、増田徳兵衛商店、櫻正宗、山口酒造場の

各蔵と弊社です。日本酒の啓蒙普及を行う事を目的に
設立されました。役員のみなさまもすばらしい方々ばかり、

海外に於ける新たな発信拠点が出来ました。
みなさま、どうぞよろしくお願い致します。





2013年6月17日(月)

「気分はいつもブルースカイ」

調布市にあるFM局調布エフエムで、上記収録が行われました。


慣れないヘッドフォンなどを付けて、何となくMC気分

勿論、お酒の話です。日本酒の可能性、世界的広がりに、かなり驚かれた様で、
何よりの事だったと思います。これからも、少しでも多くの方々に、

日本酒の真価をお伝えして参りたいと思っています。
これからもおいしい日本酒を是非、応援してください。

調布エフエムのみなさま、大変お世話になりました。
厚く御礼申し上げます。





2013年6月16日(日)

第六回 大阪酒の陣

大変有名なてんまみち阿田様主催で上記会が開催されました。

 

阿田さんは、謂わば、老舗、早くから地酒に取り組んで、その啓蒙普及に
力を注いで頂いています。久し振りに大阪のみなさまに

お会い出来、お酒の四方山話に花が咲きました。古くから
大阪のみなさまには大変お世話になっております。

思い出深い場所でこの様なすばらしい会に参加させて頂けました事は
有り難い限りです。

今回お出しした商品は

純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々
山桜桃 無濾過・生々(純米大吟醸酒)
郷乃譽 生酛純米吟醸酒 無濾過
郷乃譽 純米吟醸酒(黒吟)無濾過・生々

です。長くご愛飲頂いているお客様は改めて、味わいを楽しんで
頂けました。初めてのお客様も大いに喜んで頂けた

様で、何よりでした。みなさま、ありがとうございました。
感謝。





2013年6月13日(木)

英国市場協議会総会

上記会が駐日英国大使館で開催されました。
大変緑豊かな処で、お伺いする度に、

日本の自然を感じさせてくれます。
この様な空間を少しでも多く、日本に残せたらいいなと、

思っています。ある建築家の方の弁では東京は
世界の建築家が最も仕事がし易い場所とか・・・。

し難い場所にした方が良いのかも知れません。
こころが潤う良い時間でした。





2013年6月7日(金)

名大大学院教授講演会

上記佐藤教授の講演会が都内で開催されました。
タイトルは「國酒プロジェクトと日本酒の国際化」です。

かなり広範な見地からの講演で、東海4県21世紀國酒研究会」に
至るまで小気味よいご講演でした。

是非、様々なみなさまと共に、世界で非常に高く評価されている
我が国固有の食文化である日本酒の真価を

体験し、次の世代へと伝えて行きたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。





2013年6月5日(水)

三井生命「繁栄」7月号

上記冊子に弊社をご紹介頂きました。長い間「杜の蔵」と
呼ばれている弊社を丁寧に取材頂きました。

是非、ご覧頂ければ幸いです。



  

2013年6月1日(土)


第14回 名古屋 日本酒の会・初夏

三祐さん主催の上記会が開催されました。
参加蔵は地元蓬莱泉、勲碧、静岡の開運等々の各社様はじめ

20社の参加、お客様共々大いに楽しませて頂きました。
今回の出品酒は

純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々
郷乃譽 純米吟醸酒(黒吟) 無濾過・生々
生酛純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々
純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々

の5アイテムでした。
みなさまに感謝。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年4月日本酒・焼酎輸出ハンドブック
JETRO

上記ハンドブックに載せて頂きました。恐縮しております。





2013年5月31日(金)

茨城経協5月号

掲題、茨城県経営者協会月刊誌に載せて頂きました。
TOP INTERVIEW vol.34

「世界の料理界に高品質日本酒で新風」
と言うタイトルです。茨城県は日立製作所様始め、同協会に加盟して

いる数々の農林水産、建設、工業、電気機器、自動車、運輸、
輸送機器、機械、精密機器、商業、石油、化学、食品、金融機関様等々


数多くの有数の企業様がある中、僭越にも、掲載して頂き、大変恐縮
しております。茨城県は歴史的に大変古い地域で、遡る事、

大和朝廷の時代に、朝廷との行き来があった地域でもあります。
数日前まで、弊社の近くで遺跡の発掘調査も行われていました。

古墳の多い処としても有名な場所で、奈良県とも親しい関係にあります。
鹿島神宮の分社が奈良の春日大社、春日大社には

鹿島神宮の鹿も連れて行ったと言われています。この様な歴史的にも
古い場所で永々と酒造りを行わせて頂きました事に

感謝申しげますと共に、数多くのみなさまの何代にも渡る
数々のお力添えに御礼申し上げます。

これからもみなさまの誇りに思って頂けるような酒造りに
精進して参ります。

みなさまに御礼申し上げます。





2013年5月26日(日)

札幌 純米燗酒の会 初夏の宴

毎年恒例の上記会が札幌パーク・ホテルで開催されました。

 
LCCのスカイマークで茨城空港から一路、札幌へ。             大入り満員の大盛況      

山ちゃん、お世話になりました。

今回は「生燗」、ちょっとコツがいるのですが、おいしい燗付けに、
みなさまに喜んで頂きました。みなさんも是非、試してください。

今回は

純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々
純米吟醸酒 霞 山 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々
郷乃譽 純米吟醸酒(黒吟)無濾過・生々

を出させて頂きした。感謝。

いつの間にか二次会も0時過ぎ、・・・。





2013年5月24日(金)~25(土)

英国市場協議会

毎年恒例のBHSが開催されました。今回のタイトルは
「日英リスク・マネージメント」。スピーカーは住商総合研究所

 

所長、慶應法学部教授、Economic C.のみなさまでした。
サッチャー元首相と中曽根元総理大臣の話も聞かせて頂き、

符合するものがありました。夜は遅くまで、みなさんとワイワイと
夜が更けるのも忘れていました。

みなさまに感謝。





2013年5月20日(月)

京都千年匠味会

上記会を京都で開催しました。
今回はミシュラン一つ星の懐石料亭です。設えもすばらしく、

落ち着いた亭内でした。



 

日本の本当のおいしさを伝えようと言う会で僭越ながら、ずっと
主催させて頂いております。みなさま、すばらしい料亭の

ご主人ばかり、大変ご多忙な時期にお集まり頂きました。
恐縮の限りです。こちらもいつも勉強させて頂き、

大いなる刺激を頂いています。

感謝。





2013年5月18日(土)~20日(月)

酒造組合水戸支部研修旅行

上記研修旅行が開催されました。今年奈良、京都、神戸方面でした。
茨城空港からのフライトは便利でした。明日まででしたが、

京都での仕事もあり、最終日は戦線離脱、残念でした。


三輪明神にて





2013年5月10日(金)

日本醸造協会セミナー

上記セミナーで国税庁酒税課長の源新氏が講演されました。
従来には無かった事で頭が下がります。

現行税制から輸出まで多岐渡る内容でした。受講者からの
質問にも丁寧に対応しておられたのが

印象的でした。この様な方がいらっしゃる限り、業界は
変わっていくと思います。





2013年5月7日(火)

婦人画報の取材

上記取材がありました。輸出に関する取材です。今回はお酒の執筆家としても
著名な松崎晴雄、藤田千恵子の両氏です。

弊社の輸出は1975年から、地酒蔵としては最初の方だった様に記憶しています。
当時、生の酒、スパークリングを輸出しているところは無く、

海外に於いてもかなりセンセーショナルでした。勿論、物流もなく、商流も
出来ていない時代、全てを作る事から始めた思い出深い

輸出事業でした。1973(昭和48)年に完全な生酒を出した時もそうでしたが、
海外で「生」を出した時、専門家の方も生の知識が無く、

時にはワインと同じ感覚で陳列されていたり、ある国では冷蔵庫の前に
置いてあったり、まるで、落語の落ちの様な時がありました。

海外の場合、仕事のセクション別に担当者が全く異なる為、連携が悪いと
有り得ない様な事が起きます。必ず、現場確認が必要です。

価格面でも驚く事ばかり、弊社商品が日本円換算で720ml 一本
125,000円で販売されています(因みに、商品は花薫光)。

純吟の郷乃譽クラスでも720ml一本7,000~15,000円(国内価格1,500円)
で販売されています。ここまで評価して頂けるのは

有り難い事です。現地のワイン価格よりも遥かに高く価格設定が
なされています。唯、残念なのは、これ程の価格になってしまうと

おいそれと自分では中々飲めない事です。





2013年4月29日(月)

32nd 笠間陶炎祭

笠間芸術の森公園で毎年恒例の陶器市が開催されています。
今年で32回目、春は陶芸家のみの出店の為、

弊社は出店しておりませんが、是非、お立ち寄りください。
中央ステージでは土面オークション、キリンビールの特別講座、

タリーズ・コーヒーの特別講座、茨城大学ジャズ研究会の演奏等々が
開催される予定です(詳細日程は下記URLでご確認ください)。

開催期間は

4月29日(月)~5月5日(日)までの7日間です。

この間、栃木県の益子でも陶器市が開催されています。
都内からも高速バス

都内秋葉原 ⇔ 笠間
(2枚チケット大人片道1,250円×2枚=2,500円)

都内秋葉原 ⇔ 益子
(2枚チケット大人片道1,700円×2枚=3,400円)

が出ております。ご活用頂ければ幸いです。
詳しくは下記笠間観光協会へお問い合わせください。

www.kasama-kankou.jp へのリンク





2013年4月21日(日)

フェニックス・シーガイア・リゾート
須藤本家 第55代蔵主 須藤源右衛門氏
日本
を語る

と題して、二部構成で開催されました。
第一部は 第一回 日本酒セミナー 「日本酒とチーズのマリアージュ」、

第二部は 第五回 日本酒の会(シーガイア様企画)
で開催されました。





第一部は時間が短すぎて、15分オーバーとなってしまいました。
こんなにおいしいのは初めてと仰って頂く方が多く、ご夫妻と

一緒に来られたお子様は弊社の仕込み水のおいしさとチーズのおいしさが
お気に入りの様で、何よりでした。仕込み水は弊社、数百年来の井戸の伏流水。

チーズはフランスから粗直輸入、大変僭越ですが、フランスの現地のチーズ
専門店よりも私が輸入しているチーズの方がおいしいと思います。

 

 

 

第二部 第五回日本酒の会(今回2回目の参加)もお陰様で、お若い方から
ご年配のみなさままで幅広い年齢層で満席。

総料理長、料理長、役員のみなさま、みなさま、ありがとうございました。
また、次回、お会いできるのを楽しみにしております。

感謝。





2013年4月16日(火)

マーケのOB会

30年位前から参加させて頂いていたマーケティングの異業種交流会の
OB会が丸の内で開催されました。業種も様々で自動車、日本を代表する

コンピューター、外資系コンサル、不動産、アパレル、会計事務所、
広告代理店、等々。様々な方が講演されましたが、

印象的だった方のお一人は楽天の三木谷社長でしょうか。未だ、会社を
立ち上げて3年目の時の講演でした。この会のメンバーは

会社の中でもそれなりに極めた方ばかり、参加させて頂いていた
当時も勉強になりましたが、今、こうしてみなさまと再会しても

刺激をたくさん頂く方々ばかり、この時ばかりは、往事に戻った
様な刺激的な一日でした。いつも幹事の方々にお気遣い頂き、今回も

山桜桃 無濾過・生々

をご用意頂きました。恐縮です。私は 郷乃譽 活性にごり微発砲 生々 を
持参しました。弊社のにごりは数百年来「生々 微発砲」です。

近年、発砲性のにごりが増えてきました。少しでも多くの方に発泡性にごりの
おいしさを知って頂ければ幸いです。

先日、取材で来社したフランスTVのクルーの方はシャンパンよりも
古いのではとのお話を頂きましたが、果たしてどちらが古いやら・・・。





2013年4月12(金)~15日(火)

台湾へ

台北松山空港を降りると、「寒い!!」。息が真っ白です。
体感気温は7℃位でしょうか。天気は雨。南国の台湾に来たと言うよりも

北海道の千歳空港に降りたった様な気温でした。台湾のみなさんは
ダウン・コート等々防寒姿、出張先から台湾へ

辿り着いた私は真夏真っ只中の服装。タクシーの運転手さんは
ダウン・ジャケット姿で車の中は風がピュー、ピュー。

ホテルの中は安いホテルの為か、設定温度表示は上がるものの
冷房のまま、止むを得ず重ね着スタイルで越冬。

夜、風呂に入るものの、例によって、バス・タブが浅く、湯温も
低い為、暖まらず、酒で暖を取る始末。自社の酒の

うまさが応えました。山上憶良の糟湯酒ほどではありませんが、
じわっーと来る暖かさが、体にやさしいですね。

最終日になって晴れ、若干風に冷たさが残るものの、日中は暑くなって、
台北松山に着いたころには汗ばむほどでした。


 
おいしいタラバ。私共様ではなく、お客様用。残念~。     今日は久保田さん、八海山さんと一緒にイベント。
 
左:台湾も古くからの熱烈なファンの方が多く感激、感激、大感激のひと時でした。右:代表的百家料理のそうですが、強烈な、鼻を突き
抜ける「酸」に目つぶしを食らった様(台中)。でも、中のホルモンだけは美味でした。





 
2013年4月12日(金)

交遊抄

本日付、日経新聞朝刊の交遊抄に寄稿させて頂きました。
みなさま、誰しも様々な出会いがあったと思いますが、

私の場合は20代で出会った東大史料編纂所教授の
近衛通隆先生との出会いが印象的でした。

先生とのご縁、教えて頂いた事等々を書かせて
頂きました。懸命に酒造りをしておいしさを伝えようと

思っていたこの時期に近衛先生に出会えたのは
何より有り難い事でした。

先生は昨年、大変残念かな事に他界されましたが、
虫の知らせだったのか、偶然その前に、何を思ったか、

先生の処に伺いたくなり、その日に電話を入れ、翌日に
先生に会う事が出来ました。先生にお会いした頃から

今日までの四方山話に花が咲きました。お元気そうな
お姿に安堵して帰宅したのが昨日の様です。

先生のご冥福をお祈り申し上げますと共に、感謝申し
上げます。先生への報恩には毎年更に良いお酒を醸す事が

一番である事は言うまでもありませんが、今回の寄稿が多少なりとも
御礼になればと思っております。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台湾へ

午前の便で台湾へ。寒~い。体感気温は5℃位でしょうか。
みなさん、ダウンを来ています。吐く息は白く、日本の2・3月の

気温です。こう寒いとやはり熱燗が欲しくなります。思わず郷乃譽を
48℃位で燗付けをしたくなってしまいました。





2013年4月11日(木)

日経朝刊「交遊抄」

大変僭越にも、明日12日(金)上記コラムを書かせて頂く機会を賜りました。
ご笑読頂ければ幸いです。この欄は他の欄と異なる文章

スタイルで、お陰様で、貴重な勉強をさせて頂きました。やはり、記者の
みなさんは文章がとても練れている事を改めて痛感しました。

今般のご縁に深謝申し上げます。





2013年4月5日(金)

東海4県21世紀國酒研究会

名古屋で上記会が発足致しました。
基調講演は名古屋国税局長の百嶋計氏です。



演題は「最近の酒税行政」で広範で精緻な講演でした。
百嶋国税局長は偶然にも、嘗て下館税務署にも勤務した事のある方で

当県ともご縁のある方でした。
国税庁の基本的役割から輸出、震災復興支援、酒類等安全確認調査

等々きめ細やかな内容でした。その後の質疑でお開きとなりました。
夕方からは アローザ で懇親会が開催されました。

勿論、乾杯は「國酒~」の発声です。
いよいよ、新たな展開が始まりました。是非、全国で一丸となって

盛り上げて行きましょう。
國酒ー。





2013年4月1日(月)

フランスからTVクルー

フランスのTVクルーが取材で見えました。とても面白い話の取材でした。



勿論、無料の純粋な取材です。弊社は有料の取材はお受けしておりません。
この形の取材ならと言う取材のみお受けしております。SNS社会ならではの

日本の脆弱性を少しでも排除できればと考えています。
彼らも日本のその様な傾向にある事にかなりの驚きを隠しえませんでした。

SNS社会に振り回されてしまっている現状、子供から大人まで、驚きを通り越して、
心配していました。SNSを駆使して、お客様参加型のマーケ、一番手っ取り早い

販売方法かも知れませんが、その渦中にされてしまうお客様の事を
よくよく考えるべき時だと思います。これからの日本はどうなってしまうのか。

彼らが心配するのは当然の事と考えます。日本は「禅」に代表される様な深謀遠慮
なる国のはずと、相当の期待を持って来日しただけに、思い描いてきた国との

ギャップにかなりのショックを受けたようです。して、その解決方法と聞かれても
中々難しいものがあります。修行僧の様に地道に行をし、その意味を伝えて

行く以外ない様に思えます。勿論、そうで無い方もたくさんいる訳ですが、
SNSに振り回され、或いは、それを活用した需要開発が活発化し、

所謂、有名なものが売れるようになってしまいました。嘗ては、有名なものは
買わないと言う、極めて、見識ある消費形態であったものが、

どこかに飛んで行ってしまいました。今回のクルーのみなさんとはとても
意義深い会話になりました。失われていってしまったニッポンの

根底を掘り下げ、或いは、確認、共鳴できた楽しいひと時でした。今回の
フランスの方々はすばらしい考えの持ち主のみなさんで、日本までその様な

哲学的な取材に来て頂き、光栄でした。日本にあった大切なものを
忘れずに次世代へと伝えて参りたいと思っています。

勿論、須藤本家と言う酒蔵を通じて。
みなさま、お疲れ様でした。次回はフランスでお会いしましょう。

感謝。





2013年3月31日(日)

「母。わが子へ」

TBS・MBS系全国ネット、本日、午後9時から、上記、春のドラマ特別企画の
舞台として弊社が使われました。2011の震災で難を逃れた母と、主人公の崇史

が弟と3人の家族旅行で崇史の奥さんの実家に寄ると言う設定で、その奥さんの
実家として使われました。近隣のみなさんも駆けつけてた中での撮影でした。

出演者は仲村トオル、八千草薫、、玉山鉄二、紺野まひる、朝倉あきの各氏。
撮影の時にご一緒させて頂いたのですが、一寸した役作りを

一瞬でできるのは流石だな~と思いました。朝から夜まで、長丁場の撮影でした。
みなさま、とても気さくな方々ばかり、こちらも、楽しく過ごさせて頂きました。

大変失礼なのですが、俳優さんの事が全く分からないので、みなさんに教えて頂き
ながらの立会でした。最後に出演者のみなさんと記念撮影。

パシャッ。

ありかとうございました。TVでもとてもきれいに放映して頂きました。
感謝。





2013年3月30日(土)

屋形船で行く春の隅田川~桜&日本酒を愛でる~

上記会をNHK文化センター日本酒講座の外部講座で開催しました。
今年ほど桜の開花にドキドキした年はありませんでした。

 
            満開の桜。                  右側のゴールドのビルにスカイ・ツリーが写っていました。

靖国神社の開花が3月16日(土)、それから2週間後の今日。とても開花している
とは思えませんでした。葉桜だったらお客様に半額は返さなければならない(笑)と

思った程でした。葉桜を覚悟していたのですが、先週、今週と
気温が下がってくれて、何とか満開の桜を楽しむことが出来ました。

 

在り来たりですが、やはり、来て頂いたみなさまの日頃の行いの良さですね。
気温も丁度良く、船の外に出ると川面からの風が冷た過ぎず、丁度

 
                             最後は伝統的三本締め。

心地よい風でした。お料理もおいしく、船宿さんの細やかなご配慮に
楽しいひと時で、大いに盛り上がました。

みなさま、ありがとうございました。





2013年3月28日(木)~29(金)

第14回 世界最優秀ソムリエ・コンクール

東京ビッグサイトで上記コンクールが開催されました。
このコンクールのブースに弊社も出展させて頂きました。

 
                              美しい三姉妹のみなさんも来て頂きました。

今回は

雪の舞 (純米大吟醸酒) 活性にごり 無濾過・生々
郷乃譽(純米吟醸酒) 無濾過
山桜桃  (純米大吟醸酒)無濾過・生々
郷乃譽 (純米大吟醸酒:黒吟)無濾過・生々
生酛純米吟醸酒 郷乃譽 無濾過

を出させて頂きました。

 
最優秀ソムリエに輝いたスイスのPaolo さん、思わずガッツ・ポーズ。
 
名誉ソムリエになった石田純一さん。                            

 大変僭越な話で恐縮ですが、今回の審査を見ていて感じた事は
国際ソムリエ協会がこのままで良いのかなと言う事を感じました。

これは先々月の2月にフランスで有名シェフ、有名ソムリエと議論を
重ねた時もそうでしたが、フランスも変わらなければならない時が

来ている様に思えてなりません。フォフグラにとんでもない日本酒を
合わせていた事に愕然としました。枚挙に暇がありません。何でも

その蔵と親しくしているとか何とか。訳の分からない事を仰って
いましたが、何とも節操の無い世界に驚いてしまいました。いくらSNS社会

とは言え、食はお客様の為のもの、お金優先ではなく、良識を持って
お願いしたいものです。日本は味覚が大分変って来てしまいましたが、

何とか日本人の

持っている繊細な味覚を何時までも残して参りたいものです。
今、フランスのフレンチはここ4~5年、鰹節、鮪節、利尻昆布等々

「和」の出汁をふんだんに活用した繊細な味付けに変って来ています。
フレンチとは言いつつも和のフレンチです。盛り付けは

懐石そのもの。日本は味の点に於いても盛り付けに於いても
日本の美学は常に世界の最先端にあります。日本人は

「日本」により誇りを持つべき様に感じてなりません。
「ニポッンはすごい」、勿論、海外に学ぶべき処は多々

ありますが、日本の素晴らしさを私自身も含め、日本人自身が
見失わない様にしたいものです。

ニッポンはすごい。。。。。

Paolo さんに乾杯~。おめでとうございます。





2013年3月25日(月)

純米大吟醸酒 
郷乃譽、山渡、花薫光
が蔵出しになりました。

大変お待たせ致しました。昨年10月から完売しておりました
純米大吟醸酒 郷乃譽、山渡、花薫光

が本日蔵出しになりました。完売で大変ご迷惑をお掛け致しました。
比較的商品を手に入れやすいお取引店様は下記の通りです。

どうぞよろしくお願い致します。

店 名 住 所 電 話
 木津商店 八戸市1番町  0178-27-2528 
  須藤酒店 笠間市八雲  0296-77-0048
たがみ酒店  つくば市竹園  0298-51-2688 
水戸京成百貨店   水戸市南町 029-231-1111 
 澤屋酒店 桶川市北  048-771-1279 
 かき沼 足立区鹿浜  03-3899-3520 
 山内酒店 世田谷区池尻  03-3422-3455 
高島屋東京店  中央区日本橋2−4−1 03-3211-4111  
 乾 川崎市東田町  044-222-4401 
 タキモト  京都市下京区六条通高倉東入る  075-341-9111
 野崎酒店 香川県さぬき市志度  087-894-1095 
 宮崎山形屋 宮崎市橘通東  0985-31-3111 

次回、花薫光、山渡の発売は6月中旬を予定しております。
同じく、純米大吟醸酒 郷乃譽 は5月中旬を予定しております

何かございましたら、何なりと各お取引店様、弊社宛お気軽に
ご連絡頂ければ幸いです。

※弊社商品は全て炭素使用量0ゼロです。白い澱(米が解けて白くなった部分)を
取った後に通常行われる澱下げ(炭素を入れてタンパク質、雑味、細やかな
澱を取る)、貯蔵時、ボトリング時等々に於いて炭素を一切使用しておりません。
全て生まれたままの姿でリリースしております。そのナチュラルさは別世界です。
自然なままの本来の味わいをお楽しみください。




2013年3月16日(土)

梅が満開です

門を入ってすぐ左側にある樹齢数百年の梅が満開です。都内では
今日が桜の開花。靖国神社のソメイヨシノの標本木が開花した

 



そうですが、こちらは丁度梅が満開です。毎年、概ね、都内の桜の
開花とこちらの梅の満開が重なっています。

やはり、ニッポンの春はエレガントです。
自然がこれ程饒舌に語ってくれる国はない様に思います。

今や日本酒は世界のみなさまからご注目を頂いております。
これから数百年と言わず、長きに渡り、世界の様々なお客様に

そのおいしさを届けて行く事でしょう。
益々、より良き品質に注力して参ります。みなさまから

「おいしい」と仰って頂ける一言が拝聴できる様に。
お陰様で、間もなく、純米大吟醸酒 郷乃譽、山渡、花薫光 が

発売になります。10月以来大変お待たせ致しまして、
誠に、申し訳ございませんでした。

発売予定日は3月25日(月)を予定しております。
詳細は近々再度、ご案内申し上げます。

感謝。





2013年2月26日(火)~3月3日(日)

フランスへ

日本文化会館、在仏日本大使館公邸、OECD代表部大使公邸で
イベントが開催されました。

 


26日(火)の前夜祭

 
27日、sola でのプレイベント、フランス料理界きっての食の評論家が絶賛して頂きました。

 
                         27日、日本文化会館
  
在仏日本大使館公邸                 小松大使 
  
     
    

 
フランス人のみなさまも大満足


28日、OECD大使公邸         OECD代表部吉川大使のスピーチ


フランスのソムリエ協会副会長から絶賛して頂きました。フランス語は
全くわかりませんが、「トレ、トレ、トレ・・・」、「今日はこのお酒に

出会えてとてもラッキーだった」と仰って頂きました。
        新聞各紙でも大きく取り上げて頂きました。

Le Parisien,L'Express,L'Orage actu,等々、また、TVでも
放送された様です。

今回も関係各機関のみなさまに大変お世話になりました。
厚く御礼申し上げます。

感謝。





2013年2月25日(月)

平呈仁さんを偲ぶ会

上記会が水戸京成ホテルで開催されました。
平さんはNHK文化センターの支社長を務めた方で

担当させて頂いている講座を開設して頂いたのも
平さんでした。大変気さくな方でよく講座にもお見え頂き、

こころ配りの細やかな方でした。今春の外部講座の話をすると
非常に喜んで頂き、ご自身も待ちかねている様子でした。

今日は平さんに哀悼の意を表する為に

「千の風になって 純米吟醸酒 無濾過」

を出させて頂きました。橋本県知事、始め、重鎮のみなさまばかり、
お人柄ゆえ、多くの所縁のあるみなさまがご参集になりました。

大変すばらしい方で返す返すも残念で
なりません。こころより、ご冥福を申し上げます。

合掌。





2013年2月21日(木)

ENJOY JAPANESE KOKUSHU 東京会

上記会が開催されましたが、残念ながら、先約があり、
残念ながら、今回は欠席となりました。





2013年2月14日(金)

茨城県中小企業団体中央会女性部会

上記会のみなさまから講演依頼を頂き、水戸市内の
ホテルでテイスティングも交え、お話しさせて頂きました。

 

簡単なマリアージュも体験して頂きました。ご参加の
みなさまは経営者のみなさまばかり、拙い話を最後まで

聞いて頂き、感謝。後日、お酒の問い合わせも
頂き、重ね重ね、恐縮しております。





2013年2月13日(木)

茨城県経営者協会青年経営研究会のみなさま

上記会のみなさまがお見えになりました。すばらしい企業様ばかり、
来て頂いても、お役に立つ様な事は何もないのですが、

弊社の今日までの歩みと、商品のテイスティングをして頂きました。
夜は、ホテルでみなさまと一緒に夕食会に参加させて頂き、

楽しいひと時を過ごさせて頂きました。笠間市の山口市長も参加され、
マリアージュに花が咲きました。

感謝。



2013年2月8日(金)

國酒プロジェクト有志の会 

上記会が名古屋のMORRISで開催されました。
今回は大変有名な酒蔵、石川県の車多酒造専務の車多和成氏

によるプレゼンとテイスティングの会がMORRISさんのお力添えで
開催されました。

今回お出し頂いた商品は下記渾身の商品です。

純米大吟醸酒 天狗舞 35%
純米生 天狗舞
純米 天狗舞
天狗舞 梅酒 Grand Luxe

前回同様名古屋国税局管内の酒蔵も参加して大盛会と
なりました。仕事も様々なみなさまが垣根を越えてのすばらしい会に

なりました。車多専務、みなさま、ありがとうございました。





2013年2月4日(月)

立春大祭今朝しぼり生原酒 無濾過

節を分ける節分。従来は蔵内でのみ、神前に供え、
下げて、押し頂いておりましたが、日本から様々な習慣が

消えゆく中、日本人として残すべきものと考え、本日の蔵出しと
なりました。お陰様で、近隣の取引店様には

蔵まで取りに来て頂き、本日中に、お客様がお召し上がり頂く事が
出来ます。お忙しい中、みなさまのご協力に御礼申し上げます。





2013年1月30日(木)

郷乃譽(黒吟) 垂れ口 無濾過・生々

上記商品が発売になりました。
例年にも増してすばらしい味わいになっています。

郷乃譽(黒吟)限定品もすばらしいのですが、
垂れ口は限定品を遥かに凌駕する程の複雑さ、膨らみが

何とも言えません。特に、口中でのパッション・フルーツ系
の香りは国内の酒蔵には皆無な香りであり、且つ、

その広がりは秀逸です。是非、ご自身がベストと感じて頂いて
いる商品(日本酒、ワインetc.)との較べ飲みをお奨めします。

では、至福のひと時をお楽しみください。
國酒~。




2013年1月24日(木)

第30回 漫遊いばらきの味と技展

毎年恒例の上記イベントが本日から水戸市の京成百貨店で開催されます。
新米新酒が勢揃いです。是非、7F催事場ブースにお立ち寄り頂ければ

http://www.mitokeisei.co.jp/ へのリンク

幸いです。あらばしり、活性にごり、おいしい酒糟(さけかす)も用意して
ございます。みなさまのお越しをお待ちしております。

※花薫光、山渡はもうしばらくお待ち頂きたくお願い致します。





2013年1月16日(水)

國酒プロジェクト有志

本日、掲題メンバーである浦霞の佐浦社長、京屋酒造の渡邊社長と
柴山昌彦総務副大臣との面談に行って参りました。

産業競争力会議、クール・ジャパンを所管する赤羽経産副大臣兼
内閣副大臣との面談iには大変残念ながらどうしても伺えず、佐浦さんと渡邊さんの

お二方が参上致しました。伺えなかったのが残念でなりません。ミクロ経済と共に
産業競争力会議、クール・ジャパンも大変興味深かっただけに残念でした。

佐浦さん、渡邊さんのお二方はは言わずと知れた ENJOY JAPANESE KOKUSHU
推進協議会委員、当方も國酒プロジェクト発足の切っ掛けとなった

インド・プロジェクトの関係で参上させて頂きました。
柴山副大臣は地域振興を所管しているミクロ経済の専門家。新内閣発足後

と言う事もあって、正に、分刻みのスケジュール、秘書、スタッフのみなさんが
絶えず押せ押せの時間調整をしながらの面談、恐縮でした。

面談では今日までの同プロジェクトの経緯と重要度、必要性、現状等々と
今年1月11日付閣議決定された「日本経済再生に向けた緊急経済対策」、

22ページに「日本産酒類の総合的な輸出環境整備(財務省)」が盛り込まれた
事の御礼を申し上げて参りました。

http://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2013/0111_01taisaku.pdf へのリンク

上記対策に明文化された事は財務省等々の並々ならぬご尽力と様々な方々との
連携があったればこそ、やっと、日本酒を取り巻く環境も整って参りました。

柴山副大臣からは今後是非、積極的に掲題プロジェクトを推し進めて頂くと言う
力強い言葉を頂きました。赤羽副大臣との面談も大変濃い面談になったとの連絡を

頂きました。何よりでした。掲題、ENJOY JAPANESE KOKUSHU 推進協議会
シニア・アドヴィザーである株式会社ローソンの新浪社長は

産業競争力会議のメンバーでもあり、昨年末の忘年会でご一緒した時も、メールの
遣り取りでも力強いメッセージを頂いております。

その他数多くのみなさまから、様々な応援メッセージを頂いており、
國酒プロジェクトが国家の重要施策として活発に議論される事になります。

これ程多くのみなさまからの様々なお力添えを
頂き、お名前は書ききれませんが、多大なるご尽力をを頂きました事、

必ずや日本酒が世界に冠たる酒類である事をその報恩の証左として
お届け出来る様注力して参ります。食は文化、経済、国力のバロメーター、

奇しくも、プリア・サヴァランが
「汝の食しているものを言え、されば汝が誰であるかを当てよう」、

「国民の食で国の盛衰が決まる」とも言っていた事は
あまりにも有名です。「取り敢えず、何とかで乾杯」等と言う国は何処を探しても

ありませんので、乾杯の時は必ず「國酒」の音頭で乾杯のご発声をお願い致します。
日本人はもっと自国に誇りを持つべきだと思っています。

日本酒は日本固有の素晴らしい文化であり、世界に冠たる醸造技術、
低温殺菌、ばら麹等々、枚挙に暇がありません。

海外で自国の酒が語れる事、誇れる事、これに勝るものはありません。
國酒共々、何卒今後ともご支援、ご指導の程お願い申し上げます。

感謝。





2013年1月11日(金)

英国市場協議会賀詞交歓会

都内で上記新年会が開催されました。
駐日英国大使を始め様々なみなさまの参加の下、大盛会と

なりました。今年は同会設立40周年、何よりの
賀詞交歓会となりました。

弊社商品は

純米大吟醸酒 雪の舞 活性にごり 無濾過・生々
純米大吟醸酒 山桜桃 無濾過・生々
郷乃譽 純米吟醸酒(黒吟)無濾過・生々

をみなさまに召し上がって頂きました。
 年末に 吉兆の舞 白酒活性にごり をお求め頂いた方も

来られていて、「美味しかった。直ぐ飲んじゃった」と
言って頂き、有り難い限りです。

みなさまに感謝。





2013年1月1日(火)

新年、明けまして、おめでとうございます

旧年中は様々な、ご厚情、ご支援を賜りまして、ありがとうございました。
今年の正月一日は暖かな一日(ついたち)を迎えております。



昨年は震災の復旧もやっと少しずつ行える様に
なって参りました。みなさまのお蔭と厚く御礼申し上げます。

他方で、原発の風評被害で大きなダメージを
受け、一社でしたが、とある国のバイヤーからは

風評被害の県は売りれないと言う理由で取引を
拒否されたりと、震災の年よりも多難な年でした。

今年は景況感も戻るとの予想、より一層より良き酒を醸し、
更なる壺中の世界をお届けして参りたいと思っております。

みなさま、何卒、今年もどうぞよろしくお願い致します。

須藤源右衛門
         拝






「四季膳」集へ

2016年11月26日(土)
2016年11月26日(土)
2015年7月10日(金)
2015年6月24日(水)
2014年4月9日(木)
2013年12月25日(水)
2013年11月15日(金)
2013年11月7日(木)
2012年11月25日(日)
2012年10月30日(月)
2012年10月30日(月)
2012年10月30日(月)
2012年10月25日(木)
2012年10月25日(木)
2012年10月25日(木)
2012年9月20日(木) 
2012年9月20日(木) 
2012年9月20日(木) 
2012年8月31日(金) 
2012年8月31日(金) 
2012年8月31日(金) 
2012年8月31日(金) 
2012年8月31日(金) 
2012年8月21日(火) 
2012年8月21日(火) 
2012年8月8日(水) 
2012年8月8日(水)