良い米良い土があってはじめて良い穂
結ぶことが出来るわけですが、
その土質が極めて重要で、
良い土を育てるには大変長い年月を要します。

次元は異なりますが、
人間と同じように体質改善を行おうとすると
1年、2年という短いタームではとても不可能です。

緑の多い日本では
田圃、畑、山、雑木林(最近は少なくなりましたが)等々が
あまりにも恵まれすぎているためか、
その有り難さをつい忘れがちですが、
それぞれの良い土壌を得るためには
少なくとも10年、15年、20年という年月が必要になります。

祖父は大変拘りを持った人だったので、
農薬や化学肥料が発達した時代に於いても
相変わらず、今日でいうところの完熟堆肥にあくまで拘り続け、
雪解けの一番早い田圃であることが
なにより気に入っていたようでした。

地力のある田圃は地温が高いのです。

土づくりは
何世代にも渡ってやっと出来てくるものだと思っております。

これからも先祖が残した貴重な「土」を守り、育て、
土という自然のすばらしさ、パワーを
次代へのメッセージとして伝えてゆきたいと思っております。